【ブログ】100記事書いたことで得たものは?【覚醒のタイミング】

ブログ・SEO
スポンサーリンク

こんにちは、ソリンドです。

 

先日、当サイトの記事数が「100記事」になりました。

 

よく、ブログを始めて1ヶ月目くらいのつらい時期にいるブロガーさんが、

 

(駆け出しブロガー)

ブログは3ヶ月継続&100記事書くとアクセスが爆発するんだよね!

 

と信じているので、ブロガーを始めたばかりのあなたに向けて僕がブログ「3ヶ月更新」や「100記事投稿」をするとどうなったか、何を得ることができたのか解説しようと思います。

 

なお、一つ安心してほしいこととして、「3ヶ月更新」と「100記事投稿」を目標とすることには一定の価値があったと述べておきます。

 

結構「質」と「目的」が大切

 

これは実際に僕がTwitterを通して多くのブロガーさんと接したことでわかったことなのですが、稼ぐ人は100記事行かなくても稼ぐし、稼げない人は100記事超えても稼げないです。

 

というのも、全ては「どんな記事を書くか」によって決まるので、誰も読みたいと思わないオピニオン記事を100記事書いてもあまり意味がないですし、やはりアフィリエイトでレバレッジを利かすならばある程度「商品の紹介」をする必要があります。

 

「商品の紹介」をするならば、人の心を動かす必要があるので、売るためのセールスライティングをする必要が出てきます。

 

ちなみに、僕はセールスライティングの基礎をこの「SEOに強いWebライティング 売れる書き方の成功法則64」で学びました。

 

売るためにはこういうセールスライティングの本を1冊買ってみっちり自分のブログで記事作成しつつ実践していくことが大切でして、何事も練習あるのみといったところです。

 

とはいえ、ブログで稼ぐためにはアフィリエイトだけでなく、Googleアドセンスで稼ぐといった方法もあり、その両輪をうまく使うのが大切なのですが、「アフィリエイトで稼ぐ記事」と「アドセンスで稼ぐ記事」は内容が違います。

 

というのもアフィリで稼ぐならば、「=商品を宣伝する」ということになるのですが、アドセンスならば「PV数さえ稼げればOK」となるので、特に商品の宣伝は必要ありません。

 

その分アドセンス型の記事は「読者の問題解決」をしっかり行う必要があり、問題解決ができている記事こそ「良質な記事」となります。

 

なので、まとめるとただ漠然と考えなしに100記事投稿すれば良いのではなく、「その記事でアフィリエイトとアドセンスどちらで稼ぎたいのか、何を売りたいのか」を考えることが重要です。

 

なお、アフィリエイトばかりになってしまうと、売る商品が会社の都合でなくなってしまったり、Googleにサイトを飛ばされたりしがちなので、サイトを安定化させるためには「アドセンス狙いの記事」も重要です。

 

この辺の「アフィリで集中的に稼ぐ」と「アドセンスで長期安定的に稼ぐ」考え方は「Google AdSense マネタイズの教科書」で学びましょう。

 

 

ブログ覚醒のタイミングは?

 

上で述べた考え方が大切でして、ブログ初心者がイメージしているPV数が運営3ヶ月目くらいからグググっ!と述べてくるような様子はこの「記事に込める目的」次第で早くきたり遅くきたりします。

 

参考までに、当ブログの場合は「2.5ヶ月目」くらいからグググっとSEO流入が伸びました。

 

これはやはり、「読者の問題解決」を意識した記事を書こうと意識していたからであり、「読者の問題解決」こそが一番のSEO対策だからです。

 

なお、「ブログ「3ヶ月続けたら景色が変わるが変わる」はガチ【証拠写真あり】」にて、PV数が運営2.5ヶ月目を越したあたりからグググっと伸びている様子を証拠画像付きで掲載しているので、ぜひ見てみてください。

 

そして、「3ヶ月続けることでブログ収益は伸びるか?」ですが、結論としては「ブログはやめなければ勝ち」感があります。

 

例えば僕の場合、ブログを始めた2018年9月は収益が0円で、その後10月に13円、11月に636円と伸び、12月に発生が2,200円を上回りました。

 

このようにブログは指数関数的に成長していくので、どんなに忙しくても隙間時間をついて記事をGoogleに納品する価値があるなと思っています。

 

参考としては、「【ブログ運営4カ月目】収益報告「圧倒的SEO流入の伸び」【試行錯誤を明かす】」をどうぞ。

 

毎月の運営報告でどんなことをして成果があり、失敗したのか全てお金を取らず公開しています。

 

スポンサーリンク

 

「100記事投稿」で得たものは何?

 

ブログで100記事を投稿したことで得たものは何?と問われて僕が浮かぶ回答は2つあり、「記事作成への慣れ」と「収益発生装置の土台の完成」です。

 

というのも、ゴリッゴリのアフィリサイトでもない限り100記事未満でいきなり何万も稼げるってことはほとんどないと思いますし、100記事超えて3ヶ月を超えてやっとGoogleにドメインが評価されてきて「ブログ収益化」の準備ができてきたって感じ。

 

なので、「100記事投稿」まではなかなかきつい道のりですが、いよいよ「お金を得る段階」になったなというのは100記事〜かなと思います。

 

簡単な道のりではないけれど、「稼げるビジネス=近道はない」

 

ここまで聞くと、「うわ、割と大変だ」と思うかもしれないのですが、そういうものです。

 

資本主義の仕組み的に、「大きく稼げるビジネスほどその仕組み作りは大変」という法則があります。

 

例えば、アフィリで月5万稼げるようになるより、バイトで月5万稼ぐ方が早く確実に5万稼げる。

 

けれど、バイトで月200万稼ぎ続けるのは不可能。

 

同様に、ブログで単身年商”億”を稼ぐのはかなり厳しいけれど、起業して、社員を持ち、レバレッジが効いてくればそれが可能になる。

 

「楽」はある意味「安く収まる」って感じで、「苦」はある意味その先得るものが大きい。

 

大変ですが、頑張りましょう。

 

僕もまだ道半ばなので、一緒に走ります。

 

[追記]  YouTubeでもお話しています。(ブログ記事版と少し内容変えていますので、見る価値アリかと。)

 

[関連記事]

▪︎「ブログを書きたいけどネタが思いつかない日の処方箋【今すぐ書ける】

▪︎「ブログで稼げるのは本当だけど骨が折れる話【15万円分タダ働きしてやっと1円】