ブログ運営5ヶ月目の運営報告【100記事達成&収益1万円超え】

BLOG・SEO
スポンサードサーチ

こんにちは、ソリンドです。

 

無事に当ブログも運営5ヶ月目を終了できました。

そして、99記事→120記事となった今月の収益がついに1万円を超えました

 

今月の成果の概要は次のような感じです。

おはようございます☀️
ブログ5ヶ月目の収益報告です。
2019.01月はブログで8,132円、その他ライター等合わせて11,132円発生しました。
▪︎フォロワー:225→238
▪︎PV:1,900→5,800
▪︎記事数:99→128
12月が2,220円くらいだったので、圧倒的成長です。

 

わりと同時期に始めたブロガーさんが続かず消えていっているので、そんな中ブログが142日ほど続いていることを嬉しく思います。

 

以下では上記のTweetを深掘りしつつ、今月の試行錯誤を振り返ってみます。

 

 

【前提】伸びるブログとは?

 

ブログへのアクセスアップを増やすために重要なことは、「Googleの検索結果で上位表示をとる」ことですが、そのためにはSEO(検索エンジン最適化)を意識しなくてはなりません。

 

サーチ・エンジン・オプティマイゼーションには様々なテクニックがありますが、本質的に一番重要なのは「読者の問題解決になる記事」です。

 

その点を忘れていない記事で、かつマネタイズをする場所への動線をうまく作れていたらあなたのブログは伸びると思います。

 

なぜ今月収益を大きく伸ばせたのか

 

「なぜ今月は先月よりも成長できたのか」これを考えることはわりと重要です。

 

そして、先ほど「マネタイズの落とし所を考えればブログ収益は伸びる」としましたが、僕の場合のマネタイズの落とし所は「note」でした。

 

ある程度検索需要のあるテニス記事で検索上位が取れているので、上位表示された記事→noteへの導線を作ったことで収益が増加しました。

 

そして、noteのネタについてなのですが、これは「僕あるいはあなただけしか知らないネタ」がいいと思います。

 

というのも、僕もこの記事のような「ブロガーさん向け」の記事を書いているからこそわかるのですが、自分より先輩のライターがいる分野で戦い続けるのはわりとしんどいです。

 

たとえば、ブロガー向けの記事を書いている人だとイケダハヤトさん、マナブさん、mintoさん、ヒトデさん、ひつじさん、小林亮平さん、、、など、圧倒的に強い&実績がある人達でして、すなわち彼らに勝負を挑んでも、所詮副業ブロガーである僕が専業の彼らに勝つというのは無理ゲーだなと気づきました。

 

そもそも、インターネットの性質上、あなたも検索結果の上から1〜2しか基本見ないですよね。

これがウェブの「勝者総取り」の性格でして、すなわち「勝てる分野」で勝負しないと勝ち目ないです。

 

なので、僕は将来的に他のブロガーさんの役に立ちたいと思っているのですが、まずはテニスジャンルで市場のパイを取り、そこで培った経験と実績をぶら下げてブロガーさんに還元できたらなという長期計画でいます。

 

アフィリでももちろんいいですが、とはいえAmazonの本を一冊売っても利益は「45円」とかでして、すなわち、それまで世の中のインターネットで掲載がないような情報をあなたが持っているならば、世の中に価値提供をすることになるため、それを自己商品にするとわりと売れると思います。

スポンサードサーチ

あえて「特化ブログ」にしない理由とは?

 

基本的に当ブログは雑記ですが、その中でもテニス記事が人気でして、たった16記事くらいですが、当サイトの収益の大半がそこから発生しています。

 

あえて、テニス特化させない理由としては、「テニス分野でアフィリをしたいから」でして、

たぶんテニスアフィリに特化したサイトにこのサイトをしてしまうとたぶん健康アップデートのような定期的に起こるGoogleのアップデートにサイトの信頼性が耐えられず落とされてしまうと思います。

 

さらに、「サイトの更新頻度」もわりと重要だと思っているので、たとえテニスから離れたジャンルだとしても読者が僕に興味を持ってくだされば、気分転換にでも別ジャンルの記事も読んでくれる場合もあると考え、すると「読者の脳内SEO」で上位を取りやすいと思うんですよね。

 

自分も隙間時間でネタが絞られないことでサイト更新を続けやすいですし、、、。

すなわち一定の価値があるかと。

 

あとは、「何が当たるか」を探っていました

 

テニスが当たるとも最初思っていなくて、確かに考えてみれば当たり前だったかもですが、とはいえ実際にいろんな分野の記事を書いたからこそ、「森林・林業」関係の広告単価は安いな、とか、アフィリ案件がないなとか、テニスも自己商品を作らないと厳しいなとか気づきました。

 

テニスも、怪しい4,980円とかの情報商材とか多くて、怪しいんですよね。

そういうのが嫌なので、僕はとりあえず圧倒的お役立ち記事を500円くらいで販売しました。

 

そして、ほぼ毎日売れました。

 

話を戻すと、たとえ少しジャンルが広くなったとしても、一見収益化しない記事があったとしてもGoogle、ひいては読者のためになる記事を書くことはある程度有効かなと思っています。

 

とはいえ、需要があるわけですから、これからはテニスジャンルでも、収益化しない、読者の信頼性獲得のための記事を書くのもいいかなと思います。

 

※では、ここからは今月の試行錯誤の振り返りといきますm(_ _)m

 

ブログ内の記事数が「120記事」を超えました

 

多くのブロガーさんにとって最初の目標であろう「100記事」投稿を元日に達成しました。

 

記事を量産することも大切なのですが、それは1つ1つの記事に意図と目的があってのことで、1回1回のライティングと構成に試行錯誤を持たせることが重要です。

 

どういうことを意識して100記事書けばそれは「稼げる100記事」になり、意識しないとならないのかについては「【ブログ】100記事書いたことで得たものは?【覚醒のタイミング】」にて解説しました。

 

動画でもお話しています。
短期目線で成功体験を積むのか、長期目線で資産記事を書くのか、アドセンス型で着実にいくか、メンテナンスのコストは受け入れつつもアフィリ記事でレバレッジをかけるか。

伸びるブロガーは必ずブログで稼ぐためには「どこで自分はマネタイズをするのか」について熟考しています。

 

ちなみに、ブログを100記事くらいかくと気づくのですが、過去の自分の記事が下手くそすぎて笑えてきます。

 

1記事1記事ずつ精一杯書いていると少しずつ成長するので、その積み重ねの差は大きいのだなという感じです。

 

【1ヶ月目】収益・運営報告 『ブログを書くメリット、デメリット』WordPressは陸の孤島」この記事なんかはブログを始めてから1ヶ月後くらいに書いた記事で、h2、h3見出しこそ習得したけれど、行間なんかは全く意識できていない記事で、さらには文字にも色をつけたりしていて、今思うとすごく読みづらくて恥ずかしいです、、、。

スポンサードサーチ

WEBライターとして記事を寄稿しました

 

最終的にはブログの資産記事からの収益発生で稼げるようになるのが理想ですが、まだブログの経済的に独立できない場合、ライターで稼ぐのもオススメです。

 

というのも、おすすめする理由としては、「あなたが培ってきたライティング能力が客観的に試される」からでして、その経験から多くの気づきが得られます。

 

僕も今月ライターをしてみました。

 

これから実績づくりも兼ねていい経験になるであろうということで、ライターをやってみようと思います。
ブログ110記事くらい書いたのと、SEOに関して学習したのはある程度スキルになったであろうため、次は案件をこなすことで自らの市場価値を高めていきます。

 

ツイートのような意図があってのことですが、Twitterで1万人以上ものフォロワーのいるキックさんのブログに寄稿をしました。

参考記事
著書:『お金持ちになれる黄金の羽根の使い方』がお金持ちの本質を学べたのでレビュー!

 

寄稿をして得たかった経験は3つあり、

▪︎ブロガーとしての市場価値を高める
▪︎外注仕事の振り方を学びたかった
▪︎ブロガーとして稼ぐ先輩にアドバイスをもらえる

などです。

 

詳しいことは「【経験】ブログ外注ライターとして記事を寄稿したメリットを語ります」にて解説しているのですが、ライターとして自分の腕を試せる&客観的なアドバイスがもらえて成長のきっかけになるので、ぜひあなたにも一度やっていただきたいです。

 

▪︎クラウドワークス :エンジニア、ライター、デザイナーの案件を幅広く受注できる
▪︎サグーワークス :学生でも月5万とか記事作成で稼いています

 

YouTubeも自己成長につながると確信

 

トップブロガーであるイケハヤさんやマナブさんも読み、ブロガー界に大きな議論を起こした本「動画2.0」を僕も読み、5Gを迎える時代に波乗りしていこうと決心を固めました。

 

※超簡単に説明すると、3Gでブログ型ホームページ(テキスト)、4Gでインスタ(画像)が来ていて、2020年に導入される5G(第5世代型)で動画(YouTube)がもっと身近になるよというお話です。

 

これからの時代の波乗りを意識するならば「現代版影分身の術」とも言われるYouTubeにブログよりも注力するべきですが、ちょっと本業との兼ね合い上ブログの方が力を入れやすいので、わりとYouTubeは放置めになってしまっています。

 

とはいえ、年始など時間のあるタイミングではYouTubeを頑張ってみたのですが、そこで気づきがありました。

なんと、本業の方のプレゼンの際いつもより緊張しなくなっていたのです。

 

その他、

 

▪︎スライド作成能力
▪︎トーク力
▪︎構成力(組み立て力)
▪︎堂々と話す力

 

などが高まってきたように感じまして、結論として、「まだまだ収益化には程遠いけれど、どうやったら閲覧してくださった方に対して役に立つのか」を考えて撮影することは僕自身のスキルアップにもつながっているんだなと感じました。

 

最初は一本の動画を作るのにも緊張して撮り直ししまくっていたため5−6時間かかってしまい圧倒的消耗という感じで下が、徐々に改善しました。

 

やはり「量が質を作る」ということもありますし、新しい経験が自分の中の幅を広げている感じがします。

 

先日読んだ「ジャパネットからなぜ買いたくなるのか」という本でも、「自分を良く見せようとするから緊張するんだ、もっと相手に伝えることに重きをおけば緊張している暇はない」旨のことが書かれており、仕事で緊張していると圧倒的に損だと気づきました。

 

本日スライドを使ってプレゼンがあったのですが、以前とは異なり、全然緊張せず楽しんで発表できました。
というのは、YouTubeのおかげです。
11月YouTubeを始めて収録した時はたった一人だったのに緊張して、声が震えたのですが、今や余裕ですね。
振り返ってみると圧倒的成長ですが、これは慣れです😌

>>ソリンドのチャンネルをのぞき見してみる

 

Instagramを始めたが、やめた

 

Twitterでは、ブロガーの競合が多いので、ブログやYouTubeへの新たな導線確保のためにInstagramを開始しました。

 

しかし、結論としてはもうやめました。

 

というのも、Instagramは記事リンクを貼っても無効化されてしまうので、ツイッターとは違いインスタ→ブログの導線が作りづらいです

 

目的がブログやYouTubeへのアクセスアップなので、導線が作れないことは致命的ですし、その上悪質なビジネスアカウントばかりで、本来想定されている使い方をするユーザーに投稿が届かない感があります。

 

もちろん、Instagram内での知名度が高まればブログやYouTubeで見かけた時によりポジティブな反応をいただけるといったメリットもあるとは思うのですが、僕の今の手持ちの時間を考えれば、その時間があるならば、少しでもブログのコンテンツを充実させた方が得策だなという感じでした。

 

なので、2月以降もInstagramはやめ、ブログ、Twitter、YouTubeに絞ります。

 

イケハヤさんやマナブさんなどの上位ブロガーがInstagramをやらない理由が、実際に行動したことで分かりました。

ただやらずに批判するのと違って、実際に手足を動かした上で「この領域に進出しない」と決めるのでは、圧倒的に後者の方が「経験」が財産として残るので、いいなという感じです。

 

なお、余談ですが、2019年から僕は恥ずかしさよりも「行動した結果得られる経験」を重視していくことにしています。→「失敗を恥ずかしがる必要は全くないと言う話【富の差はアイデアの差】

 

逆にTwitterはどうだったのか

 

進出し、即時撤退を判断したInstagramに対してTwitterはどうだったのかと言いますと、「フォロワー数はほとんど増えなかったが、質が高まった」という感じです。

 

フォロワー数的には、フォロー38人くらいというのは先月と全く変わらない感じでして、フォロワーは225→235くらいという変化です。ほぼ同じです。

 

あまりフォロワー数が伸びなかった第一の原因は「本業が忙しすぎてツイッターに時間が避けなかったから」です。

 

それまで伸びていた先月までと比較すると、違いはシンプルです。

▪︎Tweet数の減少
▪︎引用RTも激減

 

簡単にいうと「発信頻度が減った」なのですが、それによって引用RTが減り、すると交流が減りますよね。

 

先月まではわりとインフルエンサーへのツイートに対して引用RTし、それがRTされて1万人とか2万人のタイムラインを駆け巡るということがあったのですが、今月は大幅にそれが減少してしまいました。

 

逆に「#(ハッシュタグ)」を使い始めたので、減少したフォロワー数に対して、ハッシュタグ経由で知ってくれたであろう無料ブログ勢(WordPressでない)にアプローチできました

 

その結果、ファン数/フォロワー数は増えたようで、Tweetに対して「いいね」をしていただける数が先月までと比較して増加しましたm(_ _)m

 

このように、後退してしまったことに対しても、「うまくいっていた時と」どう変わってしまったのかと考えることで、次の成長に伸ばせる気がします。

 

ブログ5ヶ月目で「収益1万円」を達成しました

 

だいたい今月の試行錯誤はこんな感じです。

 

まとめると、収益増加の秘訣は「自己商品への導線を意識したから」です。

 

来月も試行錯誤をし、その過程は全てあなたにお見せしようと思っていますので、今後の発信を見逃さないためにも、ぜひフォローなさってください。

 

 
[人気記事]