【理系】大学3年生が配属前から研究室に行くべき理由

Life
スポンサーリンク

多くの理系大学生は大学4年生になったら研究室に分属されますよね。

 

理系にとっての研究室配属はとても重要なもので、院に進学される方は4年生、M1、M2と3年間そこで多くの時間を過ごすことになる場所です。

また、研究室はコミュニティの狭い場所でもありますので、人間関係に苦労したり、そもそも研究室配属の段階で敗北してしまっては1年間〜3年間したくもない研究をすることになるのです。

 

そのため、理系大学生にとって研究室配属は入試以上に重要だという人もいるくらいです。

 

よって、そんな大事な研究室争いに負けないためにも、後々病まないためにも、
今回は研究室に3年生のうちから通ってしまおう!という新提案をします。

 

とここまで調子のいいことを言ってきましたが、

うちはGPAで研究室決まるしなぁ。

という方も中にはいらっしゃるでしょう。

3年生のうちからアクションを起こしてしまって問題ありません。

なぜそう言い切れるかこの記事では述べていきます。

 

また、次のような方もいるでしょう。

特にこれといって行きたい研究室がない。

そういう方のために、研究室の決め方についてもアドバイスさせていただきます。

 

 

なぜ3年生のうちから研究室に通うべきか

 

・”受け身”の人が多すぎる。

4年生だけでは時間が足りなくなることがあります。

なぜなら、最終的に実験や調査を行うとしても、その間にその分野で今は何が行われているのかを知っていないと実験や研究する内容を決められないからです。

さらには、調査や実験を行うにあたって事前に日時や実験内容などを決めて大学や省庁などの組織に申請を出さなくてはならない場合があります。

 

そして、今その分野での研究がどこまで進んでいるのかを知るためには、

①論文を読む。(もちろん、全文英語です。)

②その分野の専門家に話を聞きに行く。

などをする必要があり、逆算するとこれらのことを全て行うには、特に就活する人にとっては時間がありません。

 

・配属前から研究室に行ったっていい。

また、誰が配属前に研究室に行っては行けないと決めたのでしょうか。

行きたい研究室があって、そこが競争になりそうな時でさえ、すでに先生といつ、どこで、どんな実験を行うかを決めていたり、もうすでに研究を始めていたり、研究ノートを作っていたりなどできることを始めていたら先生側が採る学生のルールを変えてくれるかもしれませんし、それ以前に周りの学生も『あいつにはかなわないな』となります。

たとえ自分よりもGPAが高くてもです。

 

私も当時は大学3年生で配属が決まっていないながらも5月からは毎週必ずゼミに参加していました。

そして、やる気のある教員はそんな積極的な学生を待っています。

 

 

行きたい研究室がない人のための研究室の決め方

 

もうすでに行きたい研究室が決まっている人はここは読まなくて結構です。

ここでは、まだ行きたい研究室が明確にない方を対象に志望研究室決定のためのアドバイスを致します。

①消去法で行きたくない研究室を消す

大学2、3年になることには学科の方から研究室紹介が行われ、所属する学科の中にある研究室のリストが手に入っていると思います。

 

ここで、研究内容と先生の性格から絶対に行きたくない研究室をまずはじめに×で消してしまいます。

 

②残った研究室の中で順位をつける

この時点ですでに研究室の候補は5、6個になっているのではないでしょうか。

行ってもいい度が同レベルの研究室は同じ順位でいいです。

行ってもいい研究室ランキングトップ5を作ってみましょう。

 

③ランキング上位から順に、アポを取っていく

②で作った行ってもいいランキングを元に、いますぐ先生にメールを送りましょう。

今メールを見返してみたところ、当時私は大学3年生4月の段階でメールを送っていました。

 

メールの題名と内容は次のようでいいでしょう。

 

タイトル:○○先生の研究室にご訪問のお願い
内容:
○○先生

初めまして。
AA大学B学部CCC学科のDDDDと申します。この度は○○先生の研究室に興味を持ち、お話を聞かせていただきたと思い、メールさせていただきました。(簡単な自己紹介+なぜその研究室に興味を持ったかを簡潔に書く)

お忙しい中申し訳ありませんが、研究室訪問のお時間をいただけたらと思います。
○○先生のご都合よろしい日時を教えていただけないでしょうか。

AA大学B学部CCC学科
学籍番号xxx-xxx-xxx 氏名DDDD

 

 

研究室配属決定までの理想的ステップ

 

あなたが第1希望の研究室に入ることが決定するまでのプロセスをここに書きます。

少しずつ、進めていきましょう。

 

①行きたい研究室を決める

②指導教員にメールする


=研究室見学、面談を申し込むということです。

③実際に面談する

その時、以下の点に注意しましょう。
・コアタイム(何時から何時まで研究室にいなくてはならない)はあるか。長期休暇中はどうなるか。

・アルバイトはできるのか

・就職する人と院に行く人の割合は?

・留年する人はいるか。…毎年、病んで留年する人がいる研究室もあります。

・他の研究室の先生の評判

・先生はどれくらい忙しいか
…有名だけれど忙しすぎて学生は放置、という先生も中にはいらっしゃいます。

むしろその方がいい人もいるかもしれないので、そこは自分に合っているのか考えましょう。

・先生はヒステリックではないか
…中には講義ではやさしくても研究室ではヒステリックだったりする先生がいます。

私の大学でもいて、先輩が留年してしまいました。

その方いはく、『研究内容よりも先生と合うかの方が大事』だそうです。

以上の点に気をつけていたので、私の場合はとても自分にあった先生と巡り会えました。

④感謝のメールを書く
その研究室を第一希望にするにせよ、しないにせよ、感謝のメールを書きましょう。

⑤研究室が合ってそうだったら次にゼミに参加させてもらう
逆に会っていなかったな、と思う方はこの時点でそのことが知れてラッキーです。別の研究室にアポを取ってみましょう。

何回とってもダメということはありません。

何度も言いますが、研究内容と同じくらい先生と性格が合うか、が大切です。

⑥合う研究室を見つけたら、毎週のゼミに参加させてもらおう!

自分の履修している講義とバッティングしていなかったら、先生に交渉して毎週研究室のゼミに参加させてもらいましょう。

すると、名前を先輩たちにも覚えてもらったり、お昼に一緒に行くことになってさらなる内部事情を知れたりします。何回もいきましょう。

また、履修している講義をバッティングしているよ〜という方も1、2回くらい講義をブッチしてゼミに参加してみましょう。

一度もゼミに参加せず研究室を決めるのは危険です。

私の場合、2年生の頃から行こうと思っていた研究室はゼミを見て『雰囲気が違うな』と感じて止めました。先輩たちの雰囲気や研究内容がわかるためゼミの参加は必須と言っておきます。

 

 


おわりに
いかがだったでしょうか。

今回は理系大学生が配属前から研究室になぜいくべきなのか書いてみました。

理系大学にとって学生生活後半を彩る運命の分かれ道がこの研究室配属です。

4年生では基本講義はなく、ひたすらこの組織に所属するのですからね。

 

この記事を読んでくださった皆さんは積極的なアクションにより、ぜひとも自分の一番行きたい研究室を見つけ、そして、その研究室の配属を決定できることを祈っています。

一緒に勝ち取りましょう。

Life
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!
その他の発信はこちら。【Twitter, YouTube】
+1 accumulation(プラス1の積み重ね)