『はてなブログ』や『blogger』を使って稼ぐ方法【あなたもこれから不労所得得られます】

BLOG・SNS

こんにちは。赤字ブロガーのソリンドです。

 

今回は、『ブログ』を使って不労所得を得る方法についてご紹介いたします。

 

あなたも不労所得を得て、後々はストレスのたまる満員電車の通勤から逃れたいですよね。

 

この記事を書いている段階の私はブログを始めてからまだ39日目であり、1桁しかまだ稼げていませんが、これからこの記事に書くことを地道に半年〜1年継続したブロガーの中には、月に7桁(100万以上)を稼ぐ人が多くいます。

 

例として一人紹介すると、マナブさん(坂内学さん)です。

 

他にもブログで稼げるようになった結果会社をやめて自由な生活を得るようになった方は多くいて、私の目標でもあります。

 

私も最初『ブログ』で飯を食うという記事を見て、

 

胡散臭い。

 

と思ったのですが、それは私の間違いでした。

 

もちろん、継続した記事投稿の積み重ねや、分析が必要になるのですが、

ここまで39日間ブログを続けてきた末に

 

これはコツコツ継続すれば大きな収入を作れる。

 

と感じたので、あなたにもこの記事を通して、その仕組みを知っていただこうと思います。

 

スポンサードサーチ

『ブログで稼ぐ』仕組み

 

あなたは『ブログ』についてよく理解されていますか?

 

『ブログ』とは実はお金を稼ぐ手段として使えるのです。

 

あなたが『ブログ』を使って稼ぐためには次の2つの方法があります。

 

このサイトでも、次の2つの方法でマネタライズを考えています。

 

・広告を貼って、『広告代』で稼ぐ

・商品紹介の記事を書いてAmazonや楽天の商品を読者に紹介し、仲介料で稼ぐ『アフィリエイト』を行う

 

具体的には

 

広告を貼る』とは、Googleアドセンス忍者AdMaxにブログの審査を出し、承認後広告を掲載する

この記事の上や横にもいくつか広告バナーが表示されているかと思います。

 

 

アフィリエイト』とは、

 

商品を宣伝するバナーを掲載し、読者にセールスを行うことです。

 

ちょうどパソコンの容量がなくなってきたと感じていたり、もしパソコンが壊れた時にデータがなくなったら困るなと感じていたあなたには、上に載せた外付けハードディスクを用意することをおすすめします。

 

バッファローのは、安くて丈夫なのに容量も4TBあり、一つ置いておけば万が一の事態が起きても安心です。

 

と、このように商品の紹介をする記事を書き、読者の購買意欲を高めます。

 

ではよくある『無料ブログ』で稼げるの?

 

結論から言うと基本稼げません。

しかし、あなたが選択するブログサービス次第でYesになります。

 

『無料ブログ』とはその名の通り『無料』で運営できるブログサービスのことです。

 

そして、Googleの提供する『blogger』以外の無料ブログサービス(ヤフーブログ、はてなブログ、Amebaブログ、livedoorブログ等)はどれも勝手にあなたの意図なく広告が掲載されてしまいます。

 

そして、広告には広告掲載料がかかっているのですが、これらの無料ブログサービスを使った場合、広告代は全てブログサービスを提供している会社に取られてしまうのです。

 

これではいくらあなたの記事が有益で何千人の人に読まれようとも収益にはなりません。

 

また、ヤフーブログやAmebaブログなどの多くの無料ブログサービスでは、アフィリエイトが禁止されています。

 

これらが無料ブログでは基本稼げない理由です。

 

無料ブログでも『はてなブログ』や『blogger』などを使えば稼げる

 

では次に、無料ブログでも稼ぐことができるブログサービスを3つ紹介いたします。

 

・はてなブログ

・blogger

Seesaa

 

 

この3つです。

ではなぜこの3つのブログサービスでは稼ぐことができるのでしょうか。

 

両者の共通点は…

これらのブログサービスの特徴は

 

・広告掲載OK

・アフィリエイトOK

 

と運営がしている点です。

 

運営側がアフィリエイトを許可しているため、アフィリエイト記事を作成しても規約を破っていなければブログを削除されることはありません。

 

したがって、『はてなブログ』や『blogger』、『Seesaa』を使ってブログを作ればお金を稼ぐことができます

 

ただし、

 

広告掲載がOKならGoogleアドセンスの広告を貼って、広告料をゲットできるね!

 

と思ってしまうのですが、これはあなたが『はてなブログ』を使っている場合間違いではないものの少し難しいです。

(『blogger』、『Seesaa』なら問題なしです)

 

忍者AdMaxならば『はてなブログ』でも稼ぐことができます。

 

スポンサードサーチ

『独自ドメイン』の壁

 

あなたは『独自ドメイン』とは何か知っていますか?

 

ドメインとは、URLのことを指していて、私のこのブログ(独自ドメイン)の場合

https:// thor-ind.com

となっています。

 

末尾が『.com』となっていますね。

 

また、以前はてなブログで開設した当時使っていた私のサイトのURLは

https:// sixone95.hatenablog.com

となっています。

 

末尾が『.hatenablog.com』となっていますね。

 

この場合、『sixone95』の部分はサブドメインと呼ばれます。

 

 

サブドメインでは、あなたが作った記事は、『はてなブログ』の中の1ページという意味になってしまいます。

 

独自ドメインだからこそ、作った記事は『+1 accumulation』(当サイト)の中の1記事になるのです。

 

それでは、話を戻して、なぜドメインの話をしたかと言いますと

 

Googleアドセンスの審査は独自ドメインのブログでないと合格できないから

 

です。

 

独自ドメインは『お名前.com』から取得することができます。

 

 

また、Googleアドセンスの審査基準について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照なさってください。

Googleアドセンス合格基準を公開【2019年の審査基準とは】
こんにちは、ソリンドです。 先日ついにグーグルアドセンスに合格いたしましたので、ここに報告させていただきます。(2018.10月) Googleアドセンスとは、 簡単に言うと個人ブログに貼ってある広...(続きを読む)

 

アドセンスは独自ドメインでないと合格できないから、あなたは『はてなブログ』無料版ではGoogleの広告を貼れないのです。

 

『はてなブログ』でアドセンス広告を貼るための2つの方法

 

そこで、あなたが『はてなブログ』でGoogleアドセンスの広告を貼るための方法を3つご紹介いたします。

 

①有料版にする

②別の独自ドメインを取得できるブログサービスに移行する

③他のサイトでアドセンスを取得してはてな無料版にアドセンス広告を貼り付ける

 

①の有料版にする、とはその名の通りの意味です。

年間1万円いかないくらいの額を株式会社はてなに支払う代わりに

 

・独自ドメイン使用の許可

・無料版に貼られていた少数の広告を完全に除外

 

といったサービスを享受することができます。

 

②、③では、あなたが独自ドメインを使える別のサイト(wordpressやblogger)を作り、そのサイトでアドセンスに合格しちゃおう!という作戦です。

 

というのも

 

・ブログはデータを圧縮して、引っ越すことができる

・アドセンスは一度受かると別のサイトでも使える

 

という性質がありますので、これらの知識を活かした戦略を取ると②、③のアイデアにつながります。

 

まとめ 『はてなブログ』や『blogger』などで不労所得を得る

 

いかがだったでしょうか。

 

今回はこれからブログを始めるあなたに向けて、『無料ブログ』サービスで稼ぐ方法と、それまでに必要な準備について紹介してみました。

 

様々なブログサービスがありますが、特にオススメなのは3つで

・はてなブログ

・blogger

・Seesaa

です。

 

これらは勝手に表示されてしまう広告の数が少なく、またアフィリエイトが許可されている点でブログの収益化に適したブログサービスになっています。

 

また、ブログ収益化の方法としてアフィリエイトの他に

・広告

がありますが、その代表格であるGoogleアドセンスは独自ドメインを持っていないと審査に合格できない問題点があります。

 

『はてなブログ』でも工夫をすればアドセンス広告を貼れるのですが、手間がかかってしまうので、

・できるだけコストを下げたい

・これからブログを始めるんだ

という方は『blogger』、『Seesaa』を特にオススメして、この記事を締めたいと思います。

 

最後までご覧下さってありがとうございました。

 

P.S 無料ブログと有料ブログってどう違うの?気になったらこちらの記事をご覧ください。

はてなブログからWordPressに移行したわけとは【赤字ブロガーになりました】
こんにちは、ソリンドです。 今回は『無料ブログサービス』から『wordpress』に移行しようか迷っている友達がいたので、はてなブログからwordpressブログに移行した経験を持つ私が両者の得失についてご紹介したいと思います。 ...(続きを読む)