平成22-23の国有林野事業の見直し【ちょっと前の国有林管理の動向】

森林・林業
スポンサーリンク

この記事では、国有林に関して政府が平成22年から23年にかけて行った政策について振り返ります。

最近の国有林野事業の動向に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

『国有林』の民間企業への "長期経営権" 譲渡について【国有林についてもわかりやすく説明】
あなたは知っていましたか。 現在日本の土地の2割を占める『国有林』の経営権が民間に譲渡されることになったことについて。 2017年の法改正による公益サービス改革で、国有林に関しても民間競争買い入れが実施されることになりました。 簡単に言うと、国有林の運営を場所ごとに、経営権を勝ち取った企業に任せるよということです。 現在も1年ものの短期の契約はあるのですが、これを長期でやらないか2019年に議論されます。 論点は、 今の状態のまま民間に委託するにしても1年ものの契約にするのか、それとも30年、40年の長期で契約を結ぶのを認めるようになるのか。 です。 国有林の経営権が長期で民間に譲渡されると私たちにとってどのような影響があるのでしょうか。 それは良いことなのでしょうか。悪いことなのでしょうか。 一緒に考えていきましょう。

 

国有林は、業界では国有林野という呼び方がされるんだ。

今回は、ちょっと前の国有林の動向について扱います。↑の最近の国有林野事業の動向と合わせて読むとより深く国有林について知ることができます。

 

スポンサーリンク

H22 『森林・林業の再生に向けた改革の姿』要点

国有林は、日本の森林面積のうちの3割を占めていて、国民から防災やレクリエーション、癒し、生物多様性保全、温暖化防止などの様々な機能が期待されています。

そのため、国民の財産である国有林の管理をすることは行政において必須のことで、

国が責任を持って一体的に管理するとともに国の組織力と技術力、資源を生かして日本の森林・林業の再生に貢献できるように見直すとされました。

この時できた国有林野管理の方針は今も引き継がれていますね。

 

 

H23 『森林・林業基本計画』変更点

平成23年に

 

『債務を区分経理した上で、組織・事業の全てを一般会計に移行することを検討する』

 

と明言されました。

実際にH25から一般会計化されました。

それまでは特別会計だったんだよね。

なお、『森林・林業基本計画』がどのような計画なのかについてはこちらの記事で紹介しています。↓

【森林計画制度】どんな法律が日本の森林を管理しているの?【森林・林業基本計画/全国森林計画/市町村森林整備計画/森林経営計画】
この記事を読むと、森林・林業基本計画や全国森林計画、市町村森林整備計画、森林経営計画などの日本の森林計画について簡単に説明できるようになります。

 

H23 林政審議会『今後の国有林野の管理経営のあり方について』

平成23年の林政審議会答申では、今後の国有林経営について次の2つに力を入れていきたいとしました。

1、公益的機能をこれまでよりも一層促進させること

2、国有林債務について、H10年の抜本的改革において、木材からの収入により返済していくとしていたが、これからも一般会計とは経理を別にして、返済が明確となる仕組みを構築していくとしました。

国有林経営はどうやら赤字みたいだね。そして、債務の返済は国有林の木を伐って売ることで返済しようとしていたのか。

2024年からは『森林環境税』という新たな財源ができるため、より木材の伐採がおろそかになってしまうのか、あるいは伐るためのお金が森林環境税のよって投資され、積極的に国内の木が利用されるようになるのか注目していきたいですね。

※森林環境税に関しては、こちらの記事をお読みくださると、よくわかると思います。

新しくできた『森林環境税』ってなに?『住民税としてあなたも1000円取られます!』
こんにちは。 今回は『森林環境税』(仮名)についてご紹介しようと思います。 森林環境税は2017年12月に閣議決定されたばかりの今ホットな話題で、あなたにも直接関係のある新しく導入される税金です。 この記事を読むと森林環境税は何のための税金で、どこに使われるのか。また、いつから開始されるのかなどを知ることができます。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は、以前扱った国有林経営に関連して、ちょっと前の政策に注目してみました。

7,8年前に立てた新しい方針が今の森林管理の主流の考えになっている様子がわかりましたね。

また、このブログも記事が少し増えてきて内部リンクを張れるようになってきたので、ご覧くださったあなたは他の記事で知ったこととと関連させて新しい知識を身につけていくと良いかと思います。

 

●参考文献

平成30年版 森林・林業白書

森林・林業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!
その他の発信はこちら。【Twitter, YouTube】
+1 accumulation(プラス1の積み重ね)