英語長文が苦手な人は外出先で「読み終わるまで帰れま10」をするといい話

OTHERS
スポンサードサーチ

こんにちは。国立大生ブロガーのソリンドです。

 

あなたは英語の長文を読むのが得意ですか。

 

私は結構逃げたくなっちゃいます。

 

研究のため、この論文(英語)を読まなくてはいけない…!と決まっているのですが、ついついサボってしまいます。

 

あなたも宿題であったり、受験勉強のために英語長文をこなさなければならない状況で、ついつい先延ばしにしてしまうことありませんか。

 

この記事では、そんなあなたでも「今日中に」やらなければならない課題を終わらせられる方法を伝授いたします。

 

大学受験生だけでなく、大学生や院生、社会人にも「おすすめ」のテクニックです。

 

コツはこれだけ: 家から出ましょう

 

家にいるとついついスマホに手が伸びてサボってしまいませんか。

 

ベット、暖かくて気持ちいいですよね。

 

長文読みたくありません。

 

とはいえ、家にいると勉強が進まないです。

 

「勉強をする」って「ハードル」が高いですよね。

 

なので、「ハードル」を下げてしまいましょう。

 

スポンサードサーチ

あなたがやるべきことは1つ。教材を準備して「家から出る」ことです。

 

図書館や予備校の自習室、マクドナルド、研究室、どこでもいいです。

 

席を確保したら「長文読み終わるまで帰れま10」を決行しましょう。

 

人間環境さえ揃えば頑張れちゃう

 

人間は、周りの「環境」に大きく影響されるので、「家から出る」ことは勉強するために非常に有効です。

 

どうしても家だと誘惑が多いですものね。

 

仕方ありません。

 

あなたの家はそれだけ魅力的なもので溢れているということです。

 

より効果を高めたい人はコツ持ち物を減らしていこう

 

「帰れま10」の効果をより高めたいあなたは、持ち物を減らしていくといいでしょう。

 

私も受験生時代「スマホを家に置いて」予備校の自習室に向かっていました。

 

勉強に関係にないものをあえて「家に忘れる」ことで得るものは大きいです。

 

ちょっとしたコツなので、より効果を高めたい人は試してみましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は英語長文から逃げたい人がハードルを下げ、不思議と勉強できるコツを伝授しました。

 

「外出先で終わるまで帰れま10」テクニックは誘惑を減らし、「やるしかない環境」を手に入れられるため非常におすすめです。

 

英語長文に限らずどんな勉強にでも使えるのであなたも是非導入してみましょう。

 

なお、これから塾や予備校に通おうかと考えているあなたにはこちらの記事もおすすめです。

 

もう年間100万円予備校に支払う時代は終わったかなと思っています。

塾・予備校に行くのはもう古い?これからはオンラインで学ぶ時代【僕だったらウェブで学びます】
こんにちは。国立大生ブロガーのソリンドです。 最近受験業界を見ていて、『これからの時代、塾や予備校に通うのはもう時代遅れなのではないか?』という疑問を抱くようになりました。 その経緯で今回、これからの大学受験業界においてオンライ...(続きを読む)