【センター8割】英語長文は『25回ずつ』音読をしよう!『写真付きで解説します』

大学受験
スポンサーリンク

こんにちは。ソリンドです。

 

前回の記事で、『大学受験におけるアウトプットの重要性』についてお話しました。

【効率の良い勉強方法】参考書をまとめるな!問題集を解こう!【1ヶ月で偏差値5もアップ】
こんにちは。国立大生ブロガーのソリンドです。 今回は、大学受験における『効率の良い』勉強方法についてお話をします。 なぜこの記事を書こうかと思ったかというと、大学受験は高校受験とは違い勝敗は圧倒的『勉強量』で決まるのですが、とは...(続きを読む)

 

理系科目はこのように『ひたすら問題集を解いて、わからなかったところを教科書で確認』という勉強法でいいのですが、英語長文は一体どのように勉強したらいいのでしょうか。

 

この記事では、そのような疑問にお答えします。

 

[追記]

本記事を音声を使ってわかりやすく紹介した動画をYouTubeにアップしました。

2分以内で学べる動画ですので、ぜひ合わせてご覧ください。

英語長文は25回ずつ音読しよう!『英語のアウトプット=音読です』

 

英語でいうアウトプット=音読です

 

いきなり結論からいってしまうと、『とにかく音読しましょう』です。

 

【読解力がガラリと変わる】大学受験英語長文問題集おすすめ5選【英語長文ハイパートレーニング2,3/レベル別問題集4,5】
こんにちは。赤字ブロガーのソリンドです。 これまで大学受験の英語で単語や文法ではなくて、受かりたかったら『長文』をやったほうが良いと言ってきました。 しかし、具体的に『何の教科書をやったほうがいいの?』 という疑問もあると思うの...(続きを読む)

 

こちらの記事でも紹介しているのですが、英語長文は『長文慣れ』を作ることが重要で、その慣れは『リズム』を体に染み込ませることで高めていくことができます

 

重要なことはCDデータを必ずスマホに移しておくことです。

 

CDを使って耳からインプット、口から音読を通してアウトプットします。

 

スポンサーリンク

どれくらい音読すればいいのか

 

次に、英語長文の勉強方法について紹介します。

 

ステップは1長文あたり3ステップで出来ています。

 

●英語長文、音読のやり方(3ステップ)

①問題集ならば、設問を解く
①CDに合わせて15回音読
②CDなしで10回音読

 

1長文あたり、この25回の音読を問題集の端に『正』の字を1回音読するごとに1画分書きつつ音読していきます。

 

すなわち、CDと一緒の音読が終わった段階で『正』の字が3つ、3ステップ全てが完了した時には『正』の字が5つ出来ていることになります

 

 

だいたい25回くらい音読するとその長文1本が『自分のものになった感覚』を得られると思います。

 

 

こんな調子で、3日くらいで25回の音読を完了するペースで3長文くらいを同時並行で毎日音読していきます。

長文集の進め方のイメージは上の図のような感じでOKです。

 

だいたい1日3長文同時並行でこの作業をやると毎日30分ほど音読することになり、音読の習慣化としてもちょうどいいです。

 

結論:毎日音読しよう

 

いかがだったでしょうか。

 

なお、音読で『英語感覚』を高めることにはコツがありまして、大切なことは毎日音読するということです。

 

具体的な例を挙げると、スポーツなどをやっていた方はわかると思うのですが、1日でもやらないと『なまり』ますよね?

 

音読も一種のスポーツでして、日々重ね塗りをしないと急速になまっていきます。

 

毎日の30分音読を習慣化していきましょう。

 

※『習慣化』が苦手なあなたは『21日間続けること』を重視するといいです。

合格する受験生の手帳の使い方『国立大学合格の手帳を完全公開する』
こんにちは。最近ブログで連日収益が発生するようになってきたソリンドです。 ここ2ヶ月ほど、『大学受験』に関する記事を投稿しており、Googleからの検索によって多くの人に記事を読んでいただけるようになってきました。 そして、今回...(続きを読む)
大学受験
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!
その他の発信はこちら。【Twitter, YouTube】
+1 accumulation(プラス1の積み重ね)