人間関係の断捨離は効果が高い話【楽になる/自己成長への道】

はたらき方

こんにちは、ソリンドです。

大学2年生くらいから、人と群れたり媚びたりしないようにして生きています。

 

先日に下記のようなツイートをしました。

 

 

いつものミスドに来ましたが、、隣のJK達の会話がひどい。
そんな何十分も他の人の悪口を言っても何も成長できないのに。過去の僕も人の悪口をいったり、機嫌を伺ってばかりな段階はありましたが、徐々に削ぎ落としました。結果、自分の人生に集中でき、新たな成果を出せ、少しずつ見られるようになる

 

高校生くらいならまだ世間知らずという感じで理解できますが、ツイッターを見れる限りオトナでも他の人の足を引っ張ることで自尊心を保っている人が多いですね。正直、悲しささえ覚えます。

 

日本らしい「ムラ」的な生き方から解放され、他人と比べるのではなく、常に昨日の自分と勝負する。そんな生き方について解説していきます。

 

スポンサーリンク

本心で楽しいと思えない人との時間は、断捨離してもいい

 

下記ツイートのとおりですが、無理して付き合っても消耗するだけだと思います。

 

 

まぁ、悪口を言ってる瞬間が最高に「生きている」と感じる瞬間ならば止めないですが、たぶんモヤモヤ感があるはず。

 

むしろ、何か目標に向かってともに切磋琢磨してる仲間との会話との方が刺激的じゃないですかね。

 

そんな意識高くて、かつ行動までしている人間は少ないですが、あなたが人生ゲームに対して必死に取り組んでいたら、少しずつ出会えるはず。

 

周囲の人に嫌われるのを恐れなくていい

 

高3の頃に受験の価値観で同級生とモメて、僕はSNSにたくさん悪口を書かれました。

それがきっかけで、「人に嫌われる」ということを徹底的に恐れ、大学入学後は作り笑顔を頑張っていました。

 

 人に嫌われることを恐れていた頃の僕(大学1年生)

 

 

  • 嫌なことでも嫌と言わず、笑顔でYES
  • 特に行きたくなくても、周りのウェイと一緒に飲みに行く
  • 自分の意見を殺して、相手に合わせる
  • あんまり面白くなくても、笑顔

 

 

嫌われないために必死でした。しかし、これが原因で興味のない人とも行動を共にしていたので、たくさんの時間を無駄にしていました。

 

ただ、あるときにある女性に「そんなに無理して笑わなくていいんじゃない?」と言われ、完全に思考が変わりました。

 

 無理して笑わなくなった僕 → 自分の人生に集中できるようになる

 

上記のツイートのとおりで、本気で時間を共有したい人とは全力で楽しみ、そうでない人からは秒速で逃げる生活に切り替えました。

 

無駄に遊びにも誘われなくなったのですが、、僕としてはLINEの通知が減ってありがたかったです。

その分、自分が本当に時間を投入したかった、部活や恋愛、研究室に時間を使えました。今でも、話していて楽しい人、勉強になる人とだけ、2時間とか3時間とか会話します。

 

最近だと、人付き合いをほとほどにしつつ、ブログも書いています。結果、11ヶ月で月5万円の事業所得が得られるようになりました。

 

大卒の学部生と院卒で給料が4万円くらい違かったりしますが、その差は埋めました。

 

 

スポンサーリンク

他人の悪口を言っても、あなたの未来は楽にならない

 

「SNSで毒を吐くことでストレスを発散できる」という人もいますが、そうですかね。癖になってるだけかと。

 

悪口を言っても、あなたのスキルは伸びない

 

 

  • 他人の悪口を言ってるその時間で、資格勉強なり、スキルなりを磨いている人にどう勝ちますか。
  • あなたが人の悪口を言ってる間に、僕はブログを書いて広告収入を伸ばし、将来の時間を作ります

 

 

時間の使い方としては、「消費」と「投資」に分けられるかと思いますが、前者の例が消費、後者が投資です。

 

ブログという分身を積み上げることによって、少しずつ自分が毎月労働力を会社に提供しないといけない状況から脱しています。

 

こんな感じで、ビジネスは「資産になる労働」で、プログラミング学習とかも、後々個人で稼ぐスキルにつながるので、「資産になる労働」です。

 

一方、あなたの時間の使い方はどうですか。未来のあなたは楽になりますか。

 

悪口を言っている時間で、自分の技能を伸ばしましょう。これからの社会は戦後の日本型雇用3つの柱である、①終身雇用 ②年功序列 ③年金制度 のいずれもが崩壊します。

 

会社にしがみついても資産にならない社内スキルだけが残り、転職もできず、低賃金の中使い倒される未来です。

 

「他者」ではなく、「1日前の自分」と勝負しつつ、こえていきましょう。

 

類は友を呼ぶ。行動すると、付き合う仲間が変わります

 

僕は多少人生ゲームを頑張ってきました。空手で都道府県の強化選手、テニスで市民大会ベスト8、大学は首都圏の国立大学理系。そして、ブログという副業で月5万円の売り上げ。

遊ぶ時間を諦めつつ作業してきたので、行動が多少の成果につながりました。

 

そして、下記のような仲間に、最近は刺激を受けています。

 

 

どの業界でも、努力の本質は同じ。

挑戦するジャンルは違くても、努力の過程でとてつもなく大きい壁にぶつかり、超えるべく多角的に分析や改善を行う。

そういった行動を通して、多くの方が見たことのない景色が見えるようになってきます。

 

そして、そういった景色が見えるようになったとき、発言の質が変わり、人々を魅了する人間に成長できます。

 

というわけで今回はこれくらいにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

僕もまだ成し遂げたい夢への道のりの途中なので、引き続き、毎日積み上げていきます。