国公立大学生と私立大学生の比較【国立大学生のリアルな学生生活】学費が安いだけじゃない

OTHERS
スポンサードサーチ

こんにちは。国立大ブロガーのソリンドです。

 

自らの受験の苦労の経験をあなたに伝えることで、つらい大学受験勉強もなんとか乗り越えられる人が増えたらいいなと思い、情報を提供しております。

 

インターネットで検索していると、『国公立大』と『私立大』の受験科目の違い、

すなわち『5教科7科目』か『3科目』かの違いに関する記事は多いのですが、

肝心な『大学に就学してからの学生生活の違い』について紹介している記事が少なかったので、今回は『国公立大と私立大における学生生活の違い』について記事を書かせていただきます。

 

なお、記事を書く私は国立大学に在学した経験があり、兄弟や友人がが有名私大に通っているため、そこから得た情報を根拠に比較を行います。

 

化粧をしている人がいない説』や『国立大にヤ○サーはない?』などの疑問にもお答えしています。

 

スポンサードサーチ

国立大学に通うと得をすること:『メリット』

大学の学費が安い

 

これはよく言われるテーマです。

 

理系でも国公立大に通えば1年間に52万円ほどです。

 

逆に、私が滑り止めに使ったMARCHの大学では1年間180万ほどかかったように記憶しています。

 

年間130万、4年間で520万ほど差がついてしまいますね。

 

ただし、入学金に関しては両者とも同じくらいで、20万円前後です。

 

1講義ごとの学生人数が少ない

 

これは入学してから特に実感すると思うのですが、国公立大学の学生数は『少ない』です。

 

課外活動のつながりなどで私大に行くこともあったのですが、訪れてみて感じるのはその圧倒的な『人数』。

 

あまりの人の多さに、自分が『埋もれてしまう』ような窮屈感を感じました。

 

比較をしてしまうと国公立大学では講義中の人口密度が小さく、ストレスが小さいです。

 

スポンサードサーチ

意識低い系が少ない

 

麻雀や酒、出○い系サイトに明け暮れ、没落していった学生も数人いますが、確実に他大よりもその割合は低いです。

 

基本的には真面目な人が大部分を占めるので悪い影響も受けにくいです。

 

濃い人間関係

 

学科の人数も少ないので、その分一人一人と共有する時間が多くなり、結果として仲良くなりやすいです。

 

有名私大に通う友人や兄弟の話に元に考えると、私大の学生の容姿がチャらくなったり、派手になるのは、学生が多すぎて普通に生活していると『埋もれてしまう』からに思えます。

 

国公立大学ではその点、『埋もれてしまう』ことなく、等身大の自分で落ち着いて生活しやすいです。

 

アルバイト先で私大の女子にモテやすい

 

普段学生生活を過ごしていると、周辺の女子も全員国立大生のそれまで勉強をしっかりしてきた人たちなので、感じにくいですが、アルバイトなどを通して他大学の女子と会話をすると『学歴』や『話し方』、『考え方』などで勝手に『頭がいい』と勘違いされることがあります。

 

確かに『受験勉強』は頑張ったのですが、それはただ単に『過去の一期間に努力した』だけであり、『頭』自体は決して変わりません。

 

このような勘違いをされることで、勝手にすごい人だと尊敬され、尊敬から好意に発展される場合もよくあります。

 

※受験勉強なんて時間を継続して継続すれば誰でもできるようになるので、『頭がいい』は基本間違った表現です。

 

研究に専念できる(:理系に進学したい人にとって重要)

 

研究室』は理系学生にとって大学3〜4年、さらには大学院修士2年間を過ごす重要な場所です。

 

国公立大学の売りは『学生が少ない』ことで、結果として研究室も国公立大学では少人数になります。

 

一教員あたり1学年学生『2~3人』で研究室が構成されるので結果として指導が行き届きやすく、教員の面倒見が良くなります。

 

学生も教員と話し合う時間を確保できるので方向性を保ちやすく、研究生活が有意義になりやすい利点があります。

 

スポンサードサーチ

国公立大学に入学すると得ることが難しいこと:『デメリット』

施設が『ボロい』ことが多い

 

国公立大学はどれも設立してから『歴史』があります。

 

とはいえ、これは逆に『施設の老朽化が激しい』場合があり、施設面では大きく私大に劣ってしまいます。

 

早稲田なんかは受験したとき、どの階にもエスカレーターがあり、感動してしまいました。

 

トイレも綺麗ですしね。

 

国公立大学生は基本『階段』です。

 

エレベーターはあっても『荷物移動用』で学生は基本使えないでしょう。

 

さらにトイレの石鹸が切れていることもしょっちゅうです。

 

美男美女が少ない

 

いないわけではないのですが、おしゃれな人が少ないです。

 

大学に入る前の人生で『かわいい』と言われる人は周りからちやほやされやすく、そのような環境で育つと自分の時間を『美容』や『恋愛』に投資することが多く、結果として国公立大学に進学する可能性は下がってしまいます。

 

さらに、私大の人に言うと信じてもらえないのですが、国公立大学の女子は『化粧をしていない』ことが多いです。

 

学年が上がるにつれてナチュラルメイクをする人の比率が若干あ高まりましたが、多くの学生はすっぴん、ありのままで学生生活を過ごしています。

 

ソリンド
ソリンド

これは驚かれるのですが、事実です。笑

 

逆に私大に行くと化粧が濃すぎてびっくりする場合があります。

 

ソリンド
ソリンド

(化粧をやりすぎていなければ)

『綺麗だな〜』と見惚れることもありますよ。笑

 

ウェイウェイできない

 

私の通っていた大学だけかもしれないのですが、「ヤ○サー」などは『1つもなかった』のでそういうことをしたい人には向いていません。

 

金髪の人もかなり少ないですし、3年生くらいになるとみんなほぼ黒髪です。

 

さらに『ミス青学』などで盛り上がる『学祭』も人数が少なため、国公立大学は盛り上がりに欠けます。

 

私大の学祭のように多くの『お金』と『』が動いている感じはしません。

 

有名私大のミスコンなんかは企業も注目していますよね。

 

有名私立大学の学祭は本田翼橋本環奈千葉雄大などの有名人が来ていいですよね。

国立大学の学祭は予算の関係上、テレビでしょっちゅう見るような人はスカウトできません。

 

ミス青学』になるだけで就活も圧倒的有利になります。

 

ジユウリン
ジユウリン

実はミスコンも『オールランドサークル』に所属している人しか出られないなどの闇もあるけどね。

ソリンド
ソリンド

ミスコンの闇には触れないでおきましょう…。

 

逆に、国公立大学では小規模なので『学祭の中を自分たちで作っていく』感を得やすいと思います。

 

サボりづらい

 

学生が少人数なので、休むと周りの友人や教員にすぐ気づかれてしまいます。

 

教員も結構名前を覚えてくれています。

 

したがって、出席も教員が辺りを見回すだけでいない人がわかってしまうという講座も複数あります。

 

自分がやる気のあるときはいいのですが、精神的にサボりたいときなどは休めないので少し辛いですね。

 

スポンサードサーチ

国公立大学に入学すると得られるもの:『まとめ』

 

いかがだったでしょうか。

 

普段なかなか国公立大学生の『リアルな学生生活』を聞くことはできないと思うので、進路選択の参考になったかなと思います。

 

化粧をしている人がほとんどいない』や『入学してみたらヤ○サーが0だった』などは男子生徒の中にはがっかりする人もいたかもしれませんね。

 

しかし、国公立大学で過ごすことのできる学生生活は「学問」を学ぶことに積極的になりたい人、大学に行く目的意識がある人にはオススメです。

 

「遊びたい」人には物足りないかと思うので、その場合受験科目を絞って上位私大に入る方がおススメです。

 

 

なお、これから塾や予備校に通おうかと思っているあなたにはこちらの記事▼もおすすめです。

もうすでに管理人的には年間100万円予備校に払う時代は終わったかなと思っています。

塾・予備校に行くのはもう古い?これからはオンラインで学ぶ時代【僕だったらウェブで学びます】
こんにちは。国立大生ブロガーのソリンドです。 最近受験業界を見ていて、『これからの時代、塾や予備校に通うのはもう時代遅れなのではないか?』という疑問を抱くようになりました。 その経緯で今回、これからの大学受験業界においてオンライ...(続きを読む)