【ヴェノム:VENOM】『映画公開初日に観てきた感想』スパイダーマン3との比較も。※ネタバレ含

その他
スポンサーリンク

こんにちは。国立大生ブロガーのソリンドです。

 

昨日(2018年11月2日)は映画『ヴェノム』の公開初日でしたね。

偶然先輩のおかげで私も公開初日にヴェノムを見ることができたので、この記事では映画ヴェノムの感想をあなたにお伝えいたします。

 

映画をすでに見た人はより詳しく映画を知るために。また、これから映画を観る人はより映画を楽しむためにぜひ見て見てください。ただし、ネタバレも少し含んでおりますので、気になる方は注意してください。

 

 
 

ヴェノムとは?

 

『ヴェノム』とは、今回の映画でいうと、宇宙の惑星探査で発見された彗星に住んでいた地球外生命体『シンビオート4体のうちの1体の名前。

 

4体のうち3体は名前がわかっていて、

・ヴェノム

・ライオット

・カーネイジ

です。

 

今回のヴェノムは高周波だけでなく、『』にも弱い設定になったので、ライオットは爆発に巻き込まれて死に、また名前のわからない1体は宿主を食い尽くしたのち餌不足で自然死しました。

 

シンビオートたちにはそれぞれ性格があって、最強の武力を誇るライオットは地球侵略のためロケットで宇宙に戻り再び地球に大勢の仲間を引き連れて侵略する野望を持っています。

 

主人公エディ・ブロック(演トム・ハーディ)に寄生したヴェノムはエディの人格を理解したからか、『俺たちは似た者同士だ』と言って、ともにライオットの野望から地球を守るために戦うというストーリー展開になります。

 

シンビオートたちは彗星内ではスライムのようなネチョネチョの気持ち悪い物体で、地球にもその状態で持ち込まれますが、酸素の多い状態では動物に寄生しないと生きられないということで人間やウサギ、イヌなどに寄生します。

 

ソリンド
ソリンド

ちなみに”parasite”(=寄生)と言うと激怒します。

 

シンビオートたちは食欲が旺盛で、人間に寄生すると肝臓などの臓器を食べてしまうので、宿主がすぐ死んでしまいます。

 

ソリンド
ソリンド

脳から出る分泌物が摂取できるとかでチョコレートも好きでしたね。

 

多くの宿主をくり潰す中、ヴェノムは同じ『負け犬同士』であるエディをが気に入ったので、臓器を食べて殺すことなく、バディを組んで共生生活することにします。

 

途中、エディの心臓が弱っているとかでコンビを解散するのですが、再びヴェノムはエディのピンチに駆けつけます。

 

ジユウリン
ジユウリン

ヴェノムがどのような形でエディ救出に向かうのかは劇場でチェックだ。

 

スポンサーリンク

スパーダーマン3のヴェノムとの比較

 

(↑久々にスパイダーマン見たいなと言うあなたはこちらからどうぞ。)

 

映画『スパイダーマン3』では、スパーダーマンに寄生する地球外生命体としてヴェノムが登場します。

 

スパイダーマンに寄生したヴェノムは雲の糸を発射するのですが、今回のシンビオートは宿主の背中や腕や足からグロい 黒いシンビオートの手を伸ばし、宿主を守ったり攻撃に利用したりします。

 

これがこの映画で一番迫力があるところで、バイクで時速100km以上は出ていそうなロードレースシーンで、ドローンや車両をヴェノムの触手で破壊しないがら逃げていくのです。

 

そして、エディが車に跳ね飛ばされ足がグロい方向に折れ曲がると、

 

お楽しみいただけたかな?

 

とヴェノムの姿に返信。圧倒的戦闘力で窮地を脱出しました。

 

そしてこの後折れ曲がった足も元どおりになっていたり、銃弾も全てヴェノムの傘状になった触手で防御するなど、宿主として気に入ったエディをヴェノムは全力で守るようになります。

 

スパイダーマン3のヴェノムの弱点はパイプ同士をぶつけることで発生する金属音でしたが、今回のヴェノムでは、高周波に加え、炎も苦手になっています。なお、水は得意なようで水中も息継ぎすることなく超高速移動しています。

 

とにかく、スパイダーマン3の時よりも圧倒的スペックの進化を遂げているので、アベンジャーズ好きの私なんかは

 

ソリンド
ソリンド

これ、サノスよりも強いじゃん。

 

なんて思ってしまいました。ハルクやアイアンマン、ソーでもおそらくヴェノムには勝てないと思います。

 

ヴェノム最強です。

 

また、スパーダーマン3の時のヴェノムは『宿主の負の感情を増幅させる』といった感じでしたが、今回のヴェノムは規制されると、レストランのイソエビ水槽に使ってイソエビを食べたり、生のウナギを中国で食べたり、ゴミ箱の生ごみを漁ったりと『食』に関しての異常行動が制御できません

 

なぜかエディも逮捕されていませんでしたが、シンビオートに寄生されると脳も操られて完全に頭が逝っちゃいます

 

人間でも積極的に食べてしまいます『生肉』が特に好みなようです。

 

宿主との融合直後の『食』に関する衝動は恐ろしいですが、今回のシンビオートたちはそれぞれ『自我』を持ち、非常に頭がいいです。

 

主人公エディの脳に侵入し、思考を理解したヴェノムは

 

ジユウリン
ジユウリン

『お前、今を逃したら謝れなくなるぞ』

 

なんて突然、語りかけて元カノへの謝罪をおすすめするなど、恋愛相談にも対応してくれるのです。

 

ちなみに、『スパイダーマン』自体は本編には今回出てきません。

 

スポンサーリンク

映画『ヴェノム』感想

 

いかがだったでしょうか。

 

今回、圧倒的CG力の進化で車道の戦闘シーンなどは『アベンジャーズ・インフィニティウォー』をも上回るといてもいいほどの迫力で、劇場で見たらジェットコースターに2時間乗りっぱなしのような感覚でした

 

スパイダーマンの悪役として非常に有名なヴィランですが、今回はシンビオートvsシンビオートを描くことでヴェノムがヒーローとして活躍することができました。

 

序盤アクションの激しさに目が慣れていないうちはあまりの激しさと衝撃とグロさにホラー映画かのように叫びそうになる程でしたが、途中から先頭の早さに目が追いつくようになり、かなり楽しめました。

 

スパーダーマンの時とは違い、あなたも映画『ヴェノム』を見たらきっとヴェノムが好きになるはずですよ。

 

私の隣の席で観ていた知らない女性も最後ヴェノムがエディの意思を尊重して一緒に暮らしていくことを誓ったシーンで感動して泣いていました。

 

エディと元カノ(アン)の恋愛関係もストーリーを密接に関係するので、カップルでも見れる映画だと思います。

 

また、MARVEL映画なのでもちろんスタン・リーも登場します。

 

恒例のエンドクレジットでは、1つ目でヴェノム2を予感させるシーン、2つ目でアニメ版スパイダーマン『スパイダーマン:スパイダーバース』の予告が挿入されていました。

 

音楽は『デッドプール』とはまた違うのですが、ノリノリで好きになりました。

YouTubeのリンクも貼っておきますね。

 

 

Eminem – Venom

 

ぜひ『劇場で』観て見てください。

 

ソリンド
ソリンド

極音』とかあったらそれで見てみるとより楽しめそうです。

 

その他ヴェノムを見た人の感想

 

Twitterから引用しますね。

 

こう見てるとしょこたんみたいにヴェノムグッズ買痛くなってきましたね!
 
Amazonはセールやってたりするので、こちらから確認してみましょう。

その他
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!
その他の発信はこちら。【Twitter, YouTube】
+1 accumulation(プラス1の積み重ね)