ブログオワコン説とYouTube初投稿をしてみた感想『正直かなりしんどいです』

BLOG・SEO
スポンサードサーチ

こんにちは。ソリンドです。

66日ほど前からブログを開始しまして、2週間ほど前からこのブログで稼げるようになってきたのですが、最近懸念があります。

ブログの時代は下火になっていく

 

それは…『SEOの時代が終わる』ということです。

 

『SEO』とはSearch engine optimizationの略でして、簡単にいうと、『Googleの検索結果で上位表示させるための技術』です。

 

そして、私は2018年9月後半ごろににSEO界に参入したのでだいぶ遅かったですが、これまでは『SEO対策をしたブログ』だけで食べていけると言われる時代でした。

今もまだギリギリこのボーナスステージが残っていると言われています。

 

しかし、2020年に最先端のモバイルデータ通信技術『5G』が導入されます。

 

すると、『YouTube』などの『動画』が爆速かつ低容量で再生できるようになり、今よりも動画を閲覧することのハードルが下がります。

 

結果としては、より多くの人が動画を見るようになります。

 

時代の流れとしては『ブログ』→『動画』です。

ブログを見る人が減っていき、動画を視聴する人が増えます。

 

これまではGoogleで検索した人の多くが『モバイルデータ通信容量』を気にして、ブログなどの『テキスト文書』を読んでいたのが、今後は『動画』がより一層身近になるのです。

 

これはブログをとして年間『億』を稼ぐ『イケダハヤト(イケハヤ)さん』もここ1ヶ月ほど危機感を抱いていることです。

 

 

したがって、稼いでいくためにはブログを中心に据え置きつつ『動画市場』という新たなフロンティアにも足を伸ばしていく必要があるのです。

 

動画市場は『Youtube』や『Tik Tok』、『ニコニコ動画』などのプラットフォームがありますが、今後一番伸びると言われているのは『YouTube』です。

利用者数が他のプラットフォームと比較してケタ違いですからね。

 

結論として、我々ブログで食べていこうとしているブロガーは、今後も生き残るためには『動画』を作らなければならない時代になったということです。

スポンサードサーチ

動画作ってみました

 

このような時代背景があり、私ソリンドも『YouTube動画』を作ってみました。

【大学受験】受かる手帳の使い方『国立大合格の手帳を完全公開』

 

初投稿は、こちらの記事を音声を吹き込み、動画化しました。

合格する受験生の手帳の使い方『国立大学合格の手帳を完全公開する』
こんにちは。最近ブログで連日収益が発生するようになってきたソリンドです。 ここ2ヶ月ほど、『大学受験』に関する記事を投稿しており、Googleからの検索によって多くの人に記事を読んでいただけるようになってきました。 そして、今回...(続きを読む)

 

[2018.11.22追記]

YouTube4本作成したのち、本記事にブログ運営3ヶ月目の経過報告を加えた情報を動画化しました。

ブログオワコン説とブロガーがYouTubeを始めた感想『正直キツイです』

※4分ほどでソリンドの3ヶ月間の収益等も知ることができます。

 

YouTube動画を公開するまでの道のり

 

公開した動画はわずか『9分ほど』なのですが、私はこの動画を作るのに『5時間ほど』かかりました。

23時くらいから作業を開始して寝たのは夜中の4時でした。

 

ジユウリン
ジユウリン

もはや朝だな。

 

すなわち、『YouTube今から作るか!』

と一念発起してから公開まで5時間ほどもかかってしまいました。

 

YouTube動画を作ってみた感想としては…

 

ソリンド
ソリンド

かなりしんどい。

 

です。

 

『ブログの記事を書く方が50倍は楽!』

『もうYouTube作りたくない!』

 

と正直思いました笑

 

ここまで見るとYouTube動画を作るのはかなり大変なことのように見えますが、

私がこの動画の制作にあたって行った作業工程は3ステップでして実は簡単です。

 

●YouTube動画作成手順(顔出しなし&MAC版)

①パワーポイントでスライドを作る
②「Quick time player』とマイク付きイヤホンを使って動画を収録する
③『iMovie』で『command+b』でぶつ切りを行い、動画をスムーズにする

 

この3ステップで『講義形式』の動画が完成します。

 

次に、動画の作成にあたって何がそんなに大変だったのか説明しますと、

 

ソリンド
ソリンド

『緊張』して、声が震えてしまった。

からです。笑

 

Twitterのフォロワーさんに励まされながらようやく音声の吹き込みが完成しました。

 

撮影にあたって自宅の自室に引きこもっていたので、誰にも聞かれていないのですが、なぜか緊張してしまいました。

 

そして、動画を視聴するとわかるのですが、『声が小さい』ですね。

 

緊張しすぎて噛みすぎて、10回ほど撮り直しを行いました。

 

なお、途中で気づいたのですが、iMovieの『command+b』操作でどんどん不要な場所をカットしていけます。

 

なので、撮り直しはしないで、噛んでも2秒ほど開けて同じ場所から言い直せば問題ありません。

何回も動画を撮りなおす必要はなかったのです。

 

最終的に『18分』ほどの動画が、ぶつ切りの結果『9分』ほどになりました。

 

たぶん、一番初めて作った動画なんてブログと一緒で『誰にも見られない』ですので、『完璧主義』は捨てて、諦めて公開した方がいいです。

 

ソリンド
ソリンド

私もかなり妥協しました。

 

 

クオリティに関しては最初は仕方ないので、『回数』を重ねつつ、徐々にできることを増やしていくしかないですね。

スポンサードサーチ

まとめ:はじめてのYouTube動画投稿

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は、これからのウェブ検索の主流がテキストから動画へと移り変わっていくということと、

その時代の流れに乗って声出ししてYouTubeを作ってみた感想をお伝えしました。

 

初投稿は慣れない作業が多く、わずか9分ほどの動画に5時間くらいかかってしまったのですが、慣れれば2時間くらいに時間短縮できそうなので、また時間がある日に動画を投稿してみようと思います。

 

もしよかったらチャンネル登録の応援、よろしくお願いします。

ソリンドのYouTubeチャンネル

Twitterをフォローする