thorind-TNNS

テニス製品情報

テニスをテレビで見るための方法【WOWOWでテニスは上手くなる】

テニスを伸ばしたい方は、WOWOWをうまく利用してテニスの試合をテレビの大画面で感じるといいと思う。 確かに、フルで見ると時間がかかっちゃうというデメリットはあるのだけれど、フルで見るからこそ、「流れが変わった瞬間」というものがわかり、それに対して選手がどう戦略を変えたかもわかる。
2019.08.04
選手情報

【6選】フェデラーの「名言」をまとめてみた【人生に生かしたい】

今回はフェデラーの「思考」を学びましょう。 心に響けば、テキストの影響も受けるものですよ。 そして、フェデラー自身も10代の頃は悪童でした。 彼の場合、身近なサポーターの死で完全に心を入れ替えましたが、僕らも、意識次第で変わることができます。
選手情報

フェデラーは「RFロゴ」をナイキ側から取り戻せず【ユニクロ敗北】

テニス好き向けのニュースです。 フェデラー本人は「RFロゴは取り戻せる」と言い続けてきましたが、ユニクロ的はお手上げ状態です。RFマークもナイキ側が引き続き使用しています。現状はキビシイ
選手情報

【最新】テニスユーチューバーの有名どころを紹介します【2019】

3G回線はTwitterなどのテキスト、4Gで画像ときたので、2020年に5Gが来たら動画市場が盛り上がるでしょう。 今回は、そんな状況を加味して、これから更に盛り上がっていくであろうテニスユーチューバーを紹介していきます。①テニスのゴンちゃん②マチュー先輩③いなちん先生なんかが有名どころで、最近新たに出現した方を含めて紹介します。
選手情報

フェデラーはいつ引退してしまうのか【結論:2022年までいける】

【結論】怪我さえしなければ、あと3年は余裕です。 フェデラー自身も、「怪我をしないように」や「健康に気をつけている」と口にしていますが、その通りだと思います。 なぜなら、体調が万全で、練習もしっかりできた状態で大会に挑めた今年は、怪我明けの2014年(5年も前)よりもいいプレーができているからです。
選手情報

【2015-19】フェデラーがナダルに連勝できている理由【3つ】

フェデラーが最近ナダルを克服できた理由【2015-19】 ①クレー以外での対戦が増えた ②ナダルの走力が、さすがに低下 ③フェデラーのバックハンドが圧倒的向上 記事のポイントは、上記のとおり。深掘りしていきますね。
ラケット知識、試打

ウィルソンのブレード98(2019)が情報解禁【#BLADERの覚醒】

ブログ記事ネタがポンポンと2つ浮かびました。 一つは完全にテニストレンド的なネタなのですが、単純にテニスファン的には面白くてこれから一時的にホットになりそうな話題なので波乗りします。 先日にこのようなツイートをしたのですが、ネタバレすると、「ウィルソンのブレード98の2019年モデルの最新情報が入ってきた」です。(続きを読む…)
選手情報

フェデラーが年齢のわりに圧倒的に強い理由【人間性にもヒントあり】

フェデラーが年齢のわりに圧倒的に強い理由 ・ショートポイントが多いので、試合が早く終わる ・記録に対して貪欲だった ・常に自分と戦っていた ・変化を受け入れられた ・相手に「間」を与えないプレー ・「変化」が多くて、慣れづらい テニスだけじゃなく、他分野でも生き残るために参考になる
テニスノウハウ

【テニス】強打より「緩急」が、攻めにおいて重要な理由【心折れる】

テニスで攻撃する際、「強い球で押す」というのは、実はかなり難しい。 なぜなら、相手も守備を頑張りあなたのミスを誘うから。 なので、効果的な攻めは、球の高さを変えたり、球種を変えたり、速度を変えたり、コースを変えたりすること。 これが「緩急」であり、フェデラーも球速より緩急で攻めてる
2019.07.20
テニス製品情報

ランニングでおすすめなイヤホンはたったの1択【air pods】

ランニングとか、スポーツ、ジムで使うイヤホンとして一番おすすめなのは、「air pods」です。 たしかに、18,000円くらいして高いのですが、これまで10本以上使ってきたイヤホンはすべて、「ストレス」がありました。 コードであったり、重さであったり。 完全ワイヤレスで軽く、安定なので、最強
選手情報

フェデラーのガットのテンションは46ではありません。50後半です

ウィンブルドンでフェデラーvs.錦織があったので、「フェデラー」という単語に付随して、ネット情報の間違いを一つ補足させてください。 フェデラーのガットテンションは、90平方インチを使ってた頃までは確かに「48/46」程だったのですが、現在は「58/55」程です。 ガットの飛びはラケットで変わる
テニス製品情報

【テニス】試合中のメンタルコントロールは、テレビ観戦から学ぶべき

僕はほぼテレビを見ませんが、高校生の頃からWOWOWでテニスをリアルタイム観戦してきました。 YouTubeでハイライトを見るのも勉強になるのですが、リアルタイム観戦だと「緊張感」、「メンタルの動き」という雰囲気が伝わってくるので、試合中の意識の保ち方がとても自分のためになる。登録すべき
2019.07.14