テクニック/トレーニング

テクニック/トレーニング

【テニス】素振りは注意点ありです。運動連鎖の目的意識をもつこと

テニスで素振りをしたい場合は、ちょっと慎重になる必要ありです。 なぜなら、ボールを打たない分、変な癖もつきやすいから。 意識すべきは、「運動連鎖」で、フォアでもバックでもサーブでも、運動連鎖の感覚を培うための、素振りです。目的意識のない素振りだと、「百害あって一利なし」です。
テクニック/トレーニング

【テニス】クレーコートの特徴と戦い方を解説する【組み立てが重要】

テニスにおいて、クレーコートではプレーを変えると思っておいた方が勝ちやすいです。 スピンは高く弾み、スライスはより止まります。そして、イレギュラーへの対応も求められ、難しいです。 戦術としては、ベースライン後方で腰を据えてラリーをすること。1発で決めず、高低差で相手を崩すとよし
テクニック/トレーニング

【テニス】左利き選手の対策法【結論:当たる前に諦めて、事前準備】

テニスの試合で、「この大会は結果を出したいんだ」とか思っているときに限って、突然左利きの選手と当たってゲームオーバーになることってありますよね。 回転の仕方が180度逆になるから、本当に終わりなんですよね。でも、実はこれは完全なる「準備不足」で、普段から左利きを想定した練習が重要
テクニック/トレーニング

テニスのプレースタイルの変化と種類【結論:僕らはまずストローク】

テニスのプレースタイルの種類はいくつかありますが、結論ストロークで点数を稼げない選手は生き残れてないです。 ・ストローカー ・ビッグサーバー ・ネットプレーヤー ・カウンタータイプ ・オールラウンダー 「ストローカー」だけでも、我々は生き残れるけど、プロ同様ストロークに+αがあると強い
テクニック/トレーニング

テニスラケットの握り方、グリップの握りの厚さも理解できる【図説】

テニスラケットの握り方、グリップの握りの厚さの違いがテニスに及ぼす影響は意外と大きくて、フォームすら変えてしまうほどです。 スクールでたくさんの中年プレーヤーをみてきて思うことは、「グリップが薄すぎないか」ということ。 現代だと体重移動より、軸の回転が主流だけど、薄いと合いません
テクニック/トレーニング

【テニス】ダブルフォルトをなくすためのコツ【アンダーをなめるな】

テニスにおいてダブルフォルトが最もよくないミスだと思います。 なぜなら、「相手にプレッシャーがかからない」から。 自分だけ2回もサーブ打って疲れるのに、相手は何もせずとも得点を得る。不平等じゃないですか。 ベースのサーブは回転系にして、「いける」と感じるときだけフラットにすべき。
テクニック/トレーニング

【テニス】サーブのコツは「運動連鎖」にある【フォアハンドと同じ】

テニスのサーブは、雑記とかみて小手先のテクニックばかりインプットしてしまうのですが、それよりも根幹の「運動連鎖」を研究しないと伸びないです。と過去の自分に伝えたい。①両脇を開いてばんざい ②おへそはフォアハンドと同じ90度横 ③肩の入れ替え 腕だけでスピード出そうとしても安定しないです。
テクニック/トレーニング

【テニス】スマッシュのコツのまとめ【サーブとは全く別のショット】

テニスでスマッシュが苦手な人は多く、しかもスマッシュを打つ機会は試合の重要場面でくるので、ポイントを確認します。 ①サーブは上に振り上げるが、スマッシュはネットに近い限り下 ②テイクバックは両手ばんざい ③おへそを90度横に向ける ④打点は上でなく右前 サーブとは別のショットです
テクニック/トレーニング

【テニス】両手バックハンドのコツを解説する【2STEPで別人に】

テニスの両手打ちバックハンドは、初心者の誰もが「難しい。フォアハンドより苦手」だと感じていますが、実は2STEPで苦手意識を克服できます。 ①ラケットを引かず、テイクバック0でボールを打つ練習をする ②徐々にテイクバックを大きくし、腰につられてラケットがくる感覚を得る これだけです。
テクニック/トレーニング

【テニス】サーブの練習のとき意識したいポイント【安定が最最優先】

今回の記事の主張からいいますと、「安定」が最優先事項です。 強くて、早いフラットサーブが打てるとしたら、それはもちろん素晴らしいのですが、試合のときの精神安定にはつながりません。 セカンドのスピンサービスをベースに、打てる球種を広げていきましょう
2019.06.04
テクニック/トレーニング

【テニス】自宅でできるダイエットトレーニングサービス【ジム不要】

ジムは面倒だけど、自宅でトレーニングしたいと思っている人 「筋トレでダイエットしたいなぁ。たけど、ジムとか通うと値段高そうだし。自宅で手軽にトレーニングできるレッスンとかないのかしら。」そんな疑問に答えます。
2019.05.25
テクニック/トレーニング

【テニス】リターンの苦手意識を解消するコツ【心持ちが最重要です】

結論としては、下記のとおり。 ①「攻めるリターンなのか、かわすリターンなのか」を打つ前に決める②強く返せなくてもいいから、絶対に「深く返す」とだけ決心しよう③(片手バックの場合)はじめはスライスばっかりでもOK上記について深掘りしていきます。
2019.05.31