メンタル・思考

【スポーツ】モチベーションは上がらなくても強くなれる【4分動け】

「はぁ、今日も部活か。面倒くさいな」と思っても、特に辞めたいわけじゃないのなら、心配しなくてOKですよ。なぜなら、「やる気」の正体は報酬系のホルモンなので、「行動」しないと先には出てこないからです。ラケットを握ってボールを打ってみる。気づいたら、今日の練習も終わってますよ
選手情報・動画

フェデラーがユニクロと契約した利点【来日増&ウェアが安く買える】

今回は「フェデラーがユニクロと契約してくれたおかげで得られたファンレベルでの利点について考察したいと思います。なお、結論としては、フェデラーが頻繁に来日してくれるようになったことと、ユニクロ経由でフェデラーモデルが安く手に入るようになったこと、CMでもフェデラーを観れるようになったことなんかがメリットですかね。
テニススクール・部活

【月5万】テニスコーチがレッスン空きコマでできる副業【再現性高】

副業としては、ブログが有名ですが、正直最初の3ヶ月から6ヶ月は稼げないので、ハードル高すぎです。それよりも、クラウドソーシングでライター案件受注した方が初月からサクッと稼げますね。月3万は副業でも余裕ですよ。
スポンサードサーチ
テニススクール・部活

【秘策】テニススクールの集客力を爆上げする方法【生徒が集まる】

コーチに書かせる日記ブログ、それはすでに通っているお客さんは読めても、新規のお客さん獲得にはあまり効果ないですよ。 現代はティッシュ配りをしなくてもネットでレバレッジを効かせられるので、最低限「地名+テニス」の検索結果で1位を取るべき。結論からいうと、「SEO対策」を意識した記事を数記事用意するだけで、集客力爆伸びです。
テニススクール・部活

テニスコーチを辞めて転職しようか考えてるなら【選択肢は2つある】

スクールのコーチをやめたい人「テニスコーチは給料安いのに会社の奴隷のように使い倒されてもう嫌だ、転職してやる。でも、転職手順わからないし、ちゃんと次の会社を確保してから転職したい。」こういった疑問に答えます。なお、フリーのテニスコーチになるという選択肢についても解説しています。
メンタル・思考

テニスが上手くならないことに気づいたら、むしろチャンス【伸び代】

部活の部内戦や市民大会など、どうしても勝ちたい試合で負けてしまう。すると、「こんなに練習してるのに上達しないなんて、才能ないんじゃないか」と思うこともあると思いますが、結論としては、確かに短期的にはすぐに結果が出なくても、その努力に試行錯誤があるなら3ヶ月後には伸び出すものです
2019.04.15
ラケットレビュー

【ジョコビッチのラケット】ヘッド「スピードプロ」を試打評価する

今回はジョコビッチの使う、HEADのSPEED PROについてインプレ評価解説をしていきます。結論としては、「ミスしないこと」に重きを置きつつも、体を使ってボールを打てる人がよりこのラケットの良さを引き出せると思います。MPの方が万人ウケです。
ラケットレビュー

テニスラケットは中古で買えるがハズレあり【ネット半額がおすすめ】

テニスラケットをお店で新品を4万円近く払って買う人は多いけれど、実は節約法はいくつか存在します。 ・一つ前モデルを店舗で買う→半額 ・ネットで新作を買う→店舗の半額 ・中古を買う→1万円くらいで買える ネットで新品を買うのが一番失敗なくおすすめだけど、中古購入も場合によってはあり。
怪我対策/体型・体調

素振りはダイエットとして非効率ですよ【テニスラケットでも何でも】

世の中にはテニスラケットやバットやらを「素振り」することでダイエットしようと試みる人がいるけれど、論理的に考えて非効率だと思う。 体重を減らすためには「燃焼量」-「摂取量」の差を大きくしていく必要があるけれど、そのためには有酸素運動をした方が効率的。30分もバット振れないでしょ
2019.04.13
怪我対策/体型・体調

テニスで足首を捻挫し痛い時におすすめのサポーター【錦織使用アリ】

今回はテニスで痛めた足首の捻挫からの復帰&再発防止について解説していきたいと思います。捻挫は癖になって何回も足首を痛めますから、癖になる前に対策したいところです。なお、僕は中学生の時階段からジャンプした際捻挫し剥離骨折をしたことがあります。自分の復帰経験を交えつつの解説です。
怪我対策/体型・体調

【におい対策】テニス後の靴下を極力臭わなくする努力【裏技あり】

テニス後の靴下が臭い問題ですが、実は工夫でカバーできる分もありますよ。 明らかに、くさい人は無対策に1日中同じ靴下を履きますが、僕はテニスの時怪我防止も兼ねて靴下を二重に履きます。そして、1日練習する日ならお昼で履き替えてしまいます。さらに、最近は消臭機能付きの靴下もあったりします
テクニック

【テニス】フォアハンドの球威は腰のひねり戻しでつくる【運動連鎖】

フォアハンドは身体の「ひねり戻し」を習得するだけで、より簡単にパワーを生み出せるようになります。左肩を入れ左手と腰の溜めを作る→腰を回す→左わきを締めることで左半身を止める→ラケットが加速するなどの運動連鎖についても解説します。