選手情報

選手情報

フェデラーのガットのテンションは46ではありません。50後半です

ウィンブルドンでフェデラーvs.錦織があったので、「フェデラー」という単語に付随して、ネット情報の間違いを一つ補足させてください。 フェデラーのガットテンションは、90平方インチを使ってた頃までは確かに「48/46」程だったのですが、現在は「58/55」程です。 ガットの飛びはラケットで変わる
選手情報

フェデラーvs.ナダル ←どっちが強いのかは●●です【断言する】

「フェデラーとナダルどっちが強いか?」というテニス界究極の質問。僕の考えは下記のよう ・2004〜2019全ての期間で見ると、ナダルです。(対戦成績が物語る) ・2004〜2012のクレー以外のサーフェス→フェデラー ・2017年以降のハードコートでいうと、圧倒的フェデラー ・クレーは圧倒的にナダル
選手情報

大坂なおみが日本語苦手なのは当たり前。彼女を知ろう【メディア悪】

大坂なおみのインタビューを観て、「あれ、日本語がちょっと不自然、、、」と思ったかはずなのですが、育ちを考えると当然です。 ハーフの大阪さんは3〜4歳のとき渡米し、以降アメリカ育ちだそう。 むしろ、カタコトでも日本語話せるのがすごく、日本語のインタビューを強要するのは失礼かもです。
選手情報

フェデラーおじさんナダルおじさんが若手より強い理由【4つの要素】

現代テニスで、体力に衰えがある、おじさんたちが勝てる理由を解説します。①フェデラーもナダルも、みんなが思ってるほど体力落ちてなく、20代並みに体力がある。②「要所」を見逃さない。③フェデラーなら攻め、ナダルならスピン、ジョコビッチは守りと、何か一つ突き抜けている。④各ショットに意義がある。
2019.06.01
選手情報

フェデラーらビッグ4の引退と男子テニスの将来予想【2020年代】

フェデラー、2012年当時は思いもしなかったですが、東京2020の可能性出てきました。 あくまで予想ですが、マレーが2019年ウィンブルドンで、引退。フェデラーが2021年に引退。ナダルが、その2年後、2023年に引退。ジョコビッチは2024年に引退。理由を解説します。
2019.05.31
選手情報

【東京オリンピック】テニス競技の見どころを解説【これ見ればOK】

東京オリンピックテニス競技の注目ポイント 1.日本人選手の錦織圭や大阪なおみがどこまで活躍するか 2.フェデラー、セリーナが出場するか 3.五輪2連覇のマレーは出れるか 4.ジョコビッチ、ナダルが本命か 5.ティーム、ズべレフ、チチパスら若手伸びるか 入れ替わりの激しい女子はマジで読めません
2019.05.31
選手情報

【テニス】全仏オープンの特徴、歴史、豆知識を解説【より楽しめる】

全仏オープンのコートはどんな特徴があるのだろう、歴史とかも気になるな。そもそも、「フレンチオープン」とか、「全仏」とか、「ローランギャロス」とか色々呼び方があるけど、どういうこと?今回は、そんな疑問に答えます。※2〜3分でオタク雑学が身につくので、ぜひお友達に教えてあげてください。
2019.05.31
選手情報

テニスのビッグ4について解説する【涙なしには語れない試合も紹介】

テニススクールで小さい子供たちを見てて気づいたのですが、これからの子供たちはテニスの「BIG4(ビッグ4)」を知らずにテニス界を観ていくことになるのかなと。 永遠に続くものはないのですが、「昔のスターはビッグ4だったんだよ」を聞いたときに涙なしに語れない彼らについて調べられるよう記事にします。
2019.05.12
選手情報

フェデラーがユニクロと契約した利点【来日増&ウェアが安く買える】

今回は「フェデラーがユニクロと契約してくれたおかげで得られたファンレベルでの利点について考察したいと思います。なお、結論としては、フェデラーが頻繁に来日してくれるようになったことと、ユニクロ経由でフェデラーモデルが安く手に入るようになったこと、CMでもフェデラーを観れるようになったことなんかがメリットですかね。
2019.05.18
選手情報

【2018年最も躍進】チチパス選手のラケット、プレーを徹底分析

2019年のホップマンカップも終わりましたが、フェデラーと対戦したギリシャのチチパス選手、熱かったですね。 20歳の若手ながら片手打ちバッグハンドプレーヤーでして、2018年もATPから「今年最も躍進した選手」の称号が贈られるなど、今一番ホットな選手ではないでしょうか。 この記事では、テニスのチチパス選手のプロフィールから、プレー、使っているラケットまで解説します。
2019.02.12
選手情報

【悲報】BIG4の一角アンディ・マレーが引退?情報をまとめてみた

先日恐ろしいニュースが入ってきました。 「アンディ・マレー、今季限りでの現役引退を発表」 これは全てのテニスファンがいつか来るとは知りつつも、恐れていた事態でしょう。BIG4の引退。 しかし、まさかそれがフェデラーではなく、マレーからになるとは、一体誰が予想できたでしょうか。 原因は長引く「臀部」の怪我 2019年で31歳になるマレーは、年齢的にはもうすでにベテランですが、近年のツアーが高齢化している状況を見ると、年齢的にはまだプレーできます。 しかし、2012年後半〜2013年絶頂期を迎えていたマレーも2018年に臀部を故障。 2018.01月に手術を受け、その後は20ヶ月に渡って本来の満足のいくプレーが痛みによってできない状況になっていました。
選手情報

フェデラーの練習動画の中で最も参考になるものをまとめる【コートレベルビュー】

こんにちは、ソリンドです。 2017年にフェデラー選手が来日した際に実際に彼を見ました。 先日「【なぜフェデラーはラケットを黒×白から黒×黒に戻したの?】プロスタッフRF97 2016vs2018徹底比較」を投稿したところ、Goog...(続きを読む)
2019.01.13