フェデラーは「RFロゴ」をナイキ側から取り戻せず【ユニクロ敗北】

選手情報

こんにちは、KOYA@ソリンドです。

実際に日本でフェデラーを見た人のうちの一人です。

 

先日に下記のようなツイートをしました。

 

 

テニス好き向けのニュースです。

🔽Uniqlo Says It Won’t Use Roger Federer’s “RF” Nike Logohttps://www.highsnobiety.com/p/uniqlo-roger-federer-rf-nike-logo/ …

フェデラー本人は「RFロゴは取り戻せる」と言い続けてきましたが、ユニクロ的はお手上げ状態です。RFマークもナイキ側が引き続き使用しています。現状はキビシイ

 

日本語の記事は話が盛られた情報があるので、今回はすべて英語圏の記事を根拠に、解説していきます。

 

 今回扱う英語の記事

 

 

 

 

 謝罪:過去のYouTube動画の情報は古くなっています

 

スイマセン。5月くらいに下記のYouTube動画をUPしたのですが、今や情報が間違っています。※概要欄には、訂正コメントを追記済み。

 

 

記事の結論に関する部分なので、先に記します。

 

 

 

  • フェデラーがナイキからRFロゴを取り戻したい気持ちを持っている
    :合っている

  • ユニクロはすでにマークを買収できた
    :スイマセン。僕が当時、誤情報に引っかかりました

 

 

それでは、内容に入ります。

スポンサーリンク

【2018年】フェデラーは、「RFロゴ」の所有権を主張

 

そもそも、なぜナイキからRFロゴを獲得するのが難しいか、解説します。

 

「RFロゴ」はナイキがデザインしたもの

 

2007年から、今の「RFロゴ」が使われています。そして、これはナイキのデザイナーがデザインしたものと言われています。

 

そして、当然ですが、デザインした側に強い所有権はありますよね。

 

なお、最初は違うデザインだったような、、、と思ったら、ありました。下記ツイートのとおり。

 

 フェデラーの昔のロゴ

 

フェデラーは、「RFロゴ」の所有権を主張している

 

この辺は、ナイキの優しさ次第なのでしょうが、フェデラーは靴でナイキをまだ使っていて、ナイキとしてもまだRFロゴの使い道があるので、簡単には渡せないでしょうね。

 

Roger Federer is set to reclaim his famous ‘RF’ logo from Nike after the American sportswear brand stopped selling merchandise featuring the mark, according to a report by Tennis Now.

Last year Federer switched from Nike to Japanese label Uniqlo, announcing the move on the first day of Wimbledon by walking out to play in his new outfit. However, despite his Nike deal expiring in March 2018 Federer was not able to immediately bring over the ‘RF’ logo as Nike had registered its trademark and owned the rights to it.

 

古い方の記事からです。

 

フェデラーは、RFロゴの所有権をナイキ側から取り戻す準備をしているけど、すぐにはナイキ側から権利を持ってこれないとしています。

 

Now Nike has apparently stopped selling the all ‘RF’-branded merchandise, meaning that, according to the report, Federer will regain control of his initials and logo.

At the time of his move to Uniqlo, a deal reportedly worth US$300 million over ten years, the Swiss was confident Nike would eventually hand over rights to the logo.

 

ナイキが明らかに「RFロゴ」を利用した商品の販売を新しく出さなくなり、これが良い前兆であること。フェデラーとユニクロの契約は、10年間でおよそ330億円に達していることが記されています。

 

Adding: “The good news is that it will come with me at one point. They are my initials. The good thing is it’s not theirs forever. In a short period of time, it will come to me.”

 

そのうち、僕の元へ戻ってくる。僕のイニシャルだ。永遠にナイキのものじゃない。近いうちに、取り戻せる。

 

このように、2018年時点だと、楽観的な様子でした。

 

スポンサーリンク

【2019年】ユニクロは、「RFロゴ」獲得の目処ただず

 

しかし、2019年も半ば過ぎ、交渉はうまくいっていないことがわかってきます。後半の記事です。

 

悲報:フェデラーは、今後も靴しかRFマークを使えない

 

ユニクロが頑張らない限り、今後「フェデラーのRFシャツ」は新作が出ません。靴は今でも使えているので、シャツとか、キャップとかですね。

 

Now according to Swiss newspaper 20 Minuten, we find out that Uniqlo will not be acquiring Federer’s “RF” logo after all.

 

スイスの、「20 Minuten」という新聞からの出典で、結局ユニクロがフェデラーの「RFロゴ」を獲得できなかったことがわかったようです。

 

実は、「RFロゴ」の所有権はすでに解放されている?

 

ここが、僕が冒頭に紹介したYouTube動画を作った際に引っかかってしまった誤情報の元になっていたかもです。

 

Federer’s deal with Nike lapsed in March of 2019, freeing his “RF” branding for Uniqlo to adopt. According to Uniqlo spokesperson Aldo Liguori, the company has no plans to acquire the logo from Nike, however.

 

わりと重要で、「フェデラーとナイキの契約は2019年3月に失効し、RFロゴは解放された」とあります。しかし、「ユニクロとしては、ナイキからロゴを獲得する計画はない」とのこと。

 

どこまでこの記事を信じるか、ではありますが、「なんじゃそりゃ」ですよね。

ただ、事実としては、話は進んでいないです。

 

というわけで今回は以上になります。

また進展があったら記事にします。

 

フェデラーの関連記事、合わせてどうぞ。

 

 フェデラーvs.ナダル ←どっちが強いのかは●●です【断言する】

フェデラーvs.ナダル ←どっちが強いのかは●●です【断言する】
「フェデラーとナダルどっちが強いか?」というテニス界究極の質問。僕の考えは下記のよう ・2004〜2019全ての期間で見ると、ナダルです。(対戦成績が物語る) ・2004〜2012のクレー以外のサーフェス→フェデラー ・2017年以降のハードコートでいうと、圧倒的フェデラー ・クレーは圧倒的にナダル

 

 フェデラーのガットのテンションは46ではありません。50後半です

フェデラーのガットのテンションは46ではありません。50後半です
ウィンブルドンでフェデラーvs.錦織があったので、「フェデラー」という単語に付随して、ネット情報の間違いを一つ補足させてください。 フェデラーのガットテンションは、90平方インチを使ってた頃までは確かに「48/46」程だったのですが、現在は「58/55」程です。 ガットの飛びはラケットで変わる

 

 フェデラーらビッグ4の引退と男子テニスの将来予想【2020年代】

フェデラーらビッグ4の引退と男子テニスの将来予想【2020年代】
フェデラー、2012年当時は思いもしなかったですが、東京2020の可能性出てきました。 あくまで予想ですが、マレーが2019年ウィンブルドンで、引退。フェデラーが2021年に引退。ナダルが、その2年後、2023年に引退。ジョコビッチは2024年に引退。理由を解説します。

 

 フェデラーがラケットを「黒×黒」に戻した理由 【結論は気分です】

フェデラーがラケットを「黒×黒」に戻した理由 【結論は気分です】
こんにちは。 実際にフェデラーを見たことがある、KOYA@ソリンドです。 今回は、『テニス史上最高の選手』として名高いロジャー・フェデラー選手モデルのラケットである、『プロスタッフ(PROSTAFF)RF97 AUTOGRAPH 』...(続きを読む)