アイテム

【最新トレンド】テニスラケットバッグの選び方【外見&機能性重視】

(ラケットバッグを買おうか迷っている人) 実際のところラケットを買ってきたときについてきた「ラケットサック」さえあればラケットは持ち運べるしなぁ。 とはいえ、ラケバあると両手が空いて便利そうだし、何よりカッコ...(続きを読む)
アイテム

【3回感動泣き】テニス観戦にWOWOWは必須【フェデオタが語る】

(テレビでテニスの試合を観たい人) スマホのYouTubeじゃなくて、リアルタイムで、大画面でテニスの試合を観戦したいなぁ。 だけど、テレビではプロの試合放送してないし、どうしたらいいんだろう、、、。 そんな疑問を持っているあなたに、「WOWOWでテニスを観るのはいかがかしら?」という提案をします。 この記事を書いている僕は圧倒的なフェデラーファンでして、高校時代は3年間ほぼ何も授業を聞かないでYouTubeでフェデラーの試合を観ていました。 そして、部活をし、家に帰ったらWOWOWでリアルタイムでフェデラーの試合を夜中であろうと観る。そんな生活を過ごしていました。 ※1年間の浪人の後、国公立大学に進学しましたm(_ _)m 2006年くらいからのフェデラーの写真を見せられればそれが何年のどの試合であるか答えられるくらいはフェデラーオタクなのですが、WOWOWでリアルタイム観戦をしていて泣いてしまったことが3回あります。 1度目は2012年のウィンブルドン決勝対マレー戦。2度目は2014年ウィンブルドン決勝対ジョコビッチ戦。3回目は2017年全豪オープン対ナダル戦の3回です
アイテム

【完全版】テニスのガットの選び方、張替え基準の教科書【徹底解説】

(ガットの選択基準が多すぎて困っている人) テニスのガットって、ナイロンとかポリとか、ナチュラルとかあるし、しかもゲージの太さだったり、硬さだったり、テンション維持だったり選ぶにあたって何を考えたらいいか分から...(続きを読む)
2019.02.12
スポンサーリンク
TRAVEL/NATURE

「都市計画法」とは何か?区域区分についても【理解の初歩を手助け】

あなたは「都市計画法」とは何か知っているでしょうか。 これは不動産売買を行うときによく出てくる法律なのですが、今回解説する「土地計画法」と「建築基準法」の2つが分かっていれば不動産売買の際も話の概要がわかりやすくなるため、勉強しておく...(続きを読む)
2019.03.09
アイテム

【絶対失敗しない】素材別テニスガットおすすめ5選【迷ったらコレ】

(テニスのガットに詳しくない人) ガットを張り替えたいけど詳しくないから何にしたらいいか分からない、、、。とりあえず今回は失敗しないガットを選んでおきたい、、、。 そんな疑問に答えます。 この記事を読むことで、「ポリ、ナイロン別に自分のプレースタイルに合わせてとりあえず失敗しないガット」を選ぶことができます。 そして、とりあえずこの記事で紹介してあるガットを今回選んでおけば、次回お店でガットを張る時に、「今貼っているこのガットよりももう少しだけ打感がソフトなものがいい」などのように、よりあなたのテニスのプレースタイルや重んじるフィーリングに合致したストリングを見つけることにつながります。 ※ガット=ストリングスです。この記事ではどちらの呼び方も出現しますm(_ _)m ●この記事のデータ ▪︎対象とする読者
2019.02.12
THOUGHT

大学生の腕時計の賢い選び方【時計をファッションの主人公にしない】

こんにちは、ソリンドです。 圧倒的に着回しの良いファッショのコツを知っているので、季節によって「服の衣替え」といった服の入れ替えをすることなく、1年を過ごしています。 先日下記のツイートをしました。 僕は1年の中でタンスの...(続きを読む)
OTHERS

大学受験で意味ない勉強をする意味とは?【学歴フィルターは合理的】

「大学受験勉強はたぶん意味ないな」と確信しつつも自分の市場価値を高めるために勉強しました。 そして、先日以下のツイートをしました。 「受験勉強は社会に出てさほど役立たない」と確信しつつも、自分の市場価値UPのために勉強しました。 就活人事の限られた時間で大量の新卒生を審査しなくてはいけない状況を考慮すると「学歴フィルター」の肩に乗ることで、他の無名大にいる優秀な学生と戦わずに済むので合理的かなと思った次第です。
THOUGHT

稼いでる人は「世界観」を創ってる話【フォロワーを増やす秘訣満載】

あなたは「iPhoneのない今日」を想像できますか? YouTubeがなかったらどうですか? 本当に稼ぐ人って、「世界観」を創造している気がします。 スマホのある日々を作ったからAppleの今のポジションがあるし、これはYouTubeシフトを唱えるイケハヤさんとかも同様に世界観を創造してると言えます 「世界観」とは、簡単にいうと「その時代における価値観」みたいなものなのですが、一世代で稼げるようになった人って、この世界観の「定義」をうまくいじくっているんですよね。 この記事では、上記のTweetを深掘りしつつ、注目される人材になるためのヒントを探ります。
2019.02.03
BLOG・SEO

ブログ運営5ヶ月目の運営報告【100記事達成&収益1万円超え】

無事に当ブログも運営5ヶ月目を終了できました。 そして、99記事→120記事となった今月の収益がついに1万円を超えました。 今月の成果の概要は次のような感じです。 おはようございます☀️ ブログ5ヶ月目の収益報告です。 2019.01月はブログで8,132円、その他ライター等合わせて11,132円発生しました。 ▪︎フォロワー:225→238 ▪︎PV:1,900→5,800 ▪︎記事数:99→128 12月が2,220円くらいだったので、圧倒的成長です。#収益報告 #運営報告 pic.twitter.com/dxPLSwqYMx — ソリンド@人生はコンテンツ (@thor_ind) February 1, 2019 おはようございます☀️ ブログ5ヶ月目の収益報告です。 2019.01月はブログで8,132円、その他ライター等合わせて11,132円発生しました。 ▪︎フォロワー:225→238 ▪︎PV:1,900→5,800 ▪︎記事数:99→128 12月が2,220円くらいだったので、圧倒的成長です。 わりと同時期に始めたブロガーさんが続かず消えていっているので、そんな中ブログが142日ほど続いていることを嬉しく思います。 以下では上記のTweetを深掘りしつつ、今月の試行錯誤を振り返ってみます。
BLOG・SEO

ブログで得られた間接的なメリット、デメリット【月1万円を超えた】

さて、ブログ収益は添付の画像のように1ヶ月目は1桁、2ヶ月目は2桁と指数関数的に桁数も増加してきていて、1月は5桁(=1万円)を突破できるかもです。 やはり感じずにいられないのは、自分の分身で労働力にレバレッジを効かせられる点です。 上記の通りですが、実際に今月はブログを始めたことがきっかけとなり稼ぐことができたフリーランス的収益がアルバイトの他に月10,000円を突破しました。 ブログは開始して139日目くらいです。 会社に雇われて「従業員」をすることで稼ぐ「1万円」と自分の作った仕組みで間接的に稼ぐ「1万円」は大きく質が違いました。 バイトすれば「10時間くらい」で稼げますが、今月僕は29日連続サイトを更新しています。 一日2時間くらいなので、時間にすると「60時間くらい」労働しています。 なので、たぶんバイトした方が稼げますが、バイトの場合また来月10時間働いても1万円のままです。 それに対して、上記のツイートに添付した画像を見ればわかると思うのですが、ブログの月収は時間に比例せず、0円→13円→636円→2,220円くらい→10,500円くらいと伸びています。 なので、また来月も毎日更新すれば1万円以上のお金が稼げると思っています。 これは今まで書いてきた記事が「資産」的に残ってGoogleの検索エンジン上で読まれ、働いてくれているからです。 こういう考え方はブログ運営で学ぶ「直接的」な経営感なのですが、今回の記事では「ブログ運営をしていたら間接的にも自己変化が起こってきた」ので、そのことについてお話ししようと思っています。 ブログで月に1万円稼げるようになる過程で新たな気づきを得ました。
THOUGHT

【大学生必見】秒速でAをとるレポートの書き方【売れる記事と比較して】

まず、大学のレポートを書くにあたってとても大切な前提をお話します。 それは、「レポートで書く文章」と、「ブログの記事や日記で書く文章」は違うということです。 ▪︎レポートで書く文章 :「事実」の積み重ねを重視している。読む人によって、解釈が違ってくるような文章を書いてはいけない ▪︎売れるブログの記事 :読み手に「想像」させる。読み手に「理想の自分」を想像させたら勝ち ▪︎日記 :自己満足な記録。他人に価値提供することを前提としていない。 上記がわりと本質だと思っています。
ラケットレビュー

【悲報】プロストックを使ってもバボラのピュアドライブに勝てない

(プロストックの存在を知った人) プロストックのテニスラケットって、本当に強いのかな? 今回はこのような疑問に答えます。 市販のテニスラケットの中で最もスピンがかかり、初心者から上級者まで使いやすいとされているバボラのテニスラケット「ピュアドライブ」。 対して、プロ支給ラケット=「プロストック」。 双方を打ち比べたことのある僕の個人的感想では、たとえプロ支給のラケットでも、市販のベストラケットとも言っても過言ではないピュアドライブに対して実際に試合をすると道具の面から不利に感じることがあります。 ただし、もちろん本人達のテニス技術自体が勝敗に占める割合が一番、という当然すぎる前提の上です。 別にピュアドライブを使われているから負ける、とかではなく、「もしも全く同じ技術レベル、強さにある2人が対戦したら」です。 結論を先に言うと、自己満足でプロストックを使うのは最高にテニスを楽しめることに繋がるし、実際プロストックは強いけど、とはいえバボラの市販のラケットは反則すぎた、となります。
スポンサーリンク