【ウィルソン】ブレード98、98Sは圧倒的に万能の将です【評価】

ブレード98S、98試打評価インプレラケット知識、試打

こんにちは、ソリンドです。

ラケット評価記事が人気で、当ブログから数十本のラケットを買っていただいています。

 

先日に、下記のようなツイートをしました。

 

 

テニスラケットで、「コントロールを重視していきたいけど、でも、プロスタッフみたいに使用ハードルが高すぎるのは試合で不利。でも、アエロじゃ打感わからなくて、ぶっちゃけテニスを楽しめない」というあなたには、圧倒的に、「ブレード98」がおすすめ。さらにいうと、98Sならスピンも鬼かかる

 

今回は、上記のツイートを深掘りしつつ、ウィルソンの定番ラケット「BLADE98シリーズ」について解説していきます。

 

結論としては、「プロスタッフは厳しすぎで、ピュアアエロは楽しくなくて、でも、コントロールとパワーの両立を高いレベルで求める」あなたにおすすめです。

 

そして、ブレード98で振り切れるか不安な場合、ブレード98Sもあり、はっきりいって「あなどれないラケット」だと思っています。経験から断言します。

 

ブレード98、ブレード98Sのカタログスペック

 

今さらまとめるまでもないシリーズかもですが、ざっくり下記のよう。

 

 ブレード98のカタログスペック

 

 

▪︎フェイス面積:98平方インチ
▪︎重量:304g
▪︎バランス:ミドル
▪︎フレーム厚:21.0mm
▪︎ストリングパターン:16/19と18/20の2種類
▪︎フレームの硬さ:柔らかくはない

 

 

ブレード98Sのカタログスペック

 

 

▪︎フェイス面積:98平方インチ
▪︎重量:294g
▪︎バランス:トップヘビー
▪︎フレーム厚:21.0mm
▪︎ストリングパターン:18/16
▪︎フレームの硬さ:柔らかくはない

 

 

上記のとおり。

 

スポンサーリンク

ブレード98の硬さは、人によって感じ方が違いそう

 

フレームの硬さに関しては、「柔らかくはない」としましたが、人によっては、「ちょい硬いな」と感じるかも。

とはいえ、HEADのプレステージやプロスタッフの97Sなどと比べるとだいぶ柔かいです。

 

総評としては、「どちらかというと上級者向けの飛ばないラケット方面だが、それを優しくした」イメージです。

 

98平方インチですが、特に「フェイス面積が小さすぎてスイートスポットに当たらない」というほどのことではないです。

もちろん、スイートスポットを外すとあんまり飛びませんが、中級者以上ならまったく問題なし。

 

また、D字型のラウンド形状で、しっかり身体の軸を回してボールを打てる人ならば、ラケットのしなりを感じられると思います。

>>参考:【テニス】「脱力」を最短で習得する方法は「軸で打つ」ことにある話

 

腕で力んで振ろうとしていると、フレームの硬さの方が目立つかも。

 

中上級者→柔らかい、初心者→硬いラケット

 

ざっくりいうと、上記のように感じられるかと思います。

 

ブレード98には16/19と18/20の2種類のストリングパターンがある

 

98Sをいったん置いておいて、98の2種類のストリングパターンにおける違いについて解説します。

 

 

 

▪︎16/19:プロスタッフの簡単でちょい硬めみたいなイメージ。わりと飛ばしやすい

▪︎18/20:細かいストリングパターンでボールへガットを「食い込ませてる感」はこちらの方が強い。しかし、飛ばないのでより身体をうまく使ってパワーを出せないと厳しい

 

 

個人的には18/20の方が好きですが、ぶっちゃけ試合で勝つには16/19だと思います。

 

というのも、「ボールを密なストリングで潰してる感」は18/20の方があるのですが、思いのほか飛ばないので、わりとボールを飛ばしやすい16/19の方がプレーはしやすいはずです。

 

女性なら、迷いなく16/19。男性の中で、筋力あり、かつ力まないで運動連鎖で打てるなら、18/20という感じ。

 

男性でも体幹が強くて、かつ身体で打てる人でないと安定的にボールを潰せないかなと。

下手に腕が力むことでボールを飛ばそうとしても、ミスが増えるばかりで安定しません。

 

Sラケのブレード98Sが個人的に意外と押し

 

軽量の、294gで男性にはちょっと舐められがちなスペックをしていますが、かなり侮れないスピン量を発揮してきます。

というか、ボールが縦に変化しすぎてハッキリいって「うざい」です。 ※褒め言葉

 

 

 

▪︎ブレード98:基本的にフラットドライブな高くない軌道。ボールの上下は少なく、どちらかというと左右のコントロールで展開する。

▪︎ブレード98S:ネット上の高い軌道から、ベースラインのギリギリで急にストンと落ちて、また高く跳ねる。軽いけど、簡単にスピン量が増しましになり、相手としてはかなり打ちづらい。ボールの上下だけでミスを誘える

 

 

軽いけど、トップヘビーでヘッドが綺麗に回ってくれるので、スピン量が圧倒的に増加します。

 

結果、それまでアウトしていたボールがネットの上の高いところからストンと急降下するようにコート内に収まり、また跳ねるという、相手としてはかなり嫌な球が飛んできます。

 

「Sラケは初心者が使うもの」は偏見です

 

でも、「Sラケはおもちゃ。俺のプライド上使えない」という方もいらっしゃるでしょう。もったいないです。

 

確かに、プロのように自分でパンクするくらいボールを潰せるのならばスピン量は不要なのかもですが、大学の体育会テニス部レベル(1、2部以外)とかなら全然大活躍ですよ。

 

大学時代、同じくらいの強さだった友人にブレード98Sを勧め、素直に友人は98Sを買ったのですが、その後別人のように嫌な球を量産してくる人になりました。(言わなきゃよかった。笑)

 

ブレード98Sは通常のブレード98にピュアアエロ要素が加わった感じですね。

これでバックハンドの高い打点に跳ねる球を集められると、なかなか返球がしんどいです。

 

ただ、「俺はすごくボールを押せるんだ。直進方向へのボールの推進力で相手を圧倒したい」という気持ちなら、よりスピンに威力を引かれない通常の98の方がおすすめです。

この辺、自分のパワーと相談ですね。

 

 

 

▪︎ブレード98S:パワーのない人でもスピン量3割増。ミスも2割減。

▪︎ブレード98(16/19):一番クセがなく、中級者以上の男性も女性が使いやすいラケット

▪︎ブレード98(18/20):かなりボールを飛ばせる人向けのラケット。ボールを潰した時の打感が極上。

 

 

>>関連記事:【テニス】ガットのテンションを決める方程式【トレンドは低めです】

 

【提案】「ブレード98S軽すぎ」というあなたに

 

そろそろ記事を終えますが、最後に「ブレード98Sは、いいんだけど、ちょっと294gは軽すぎなんだよな」という男性のあなたへ提案です。

 

ブレード98Sが軽すぎると感じるならば、グリップ内部に加重しましょう。

 

なぜ、グリップ内部かというと、実はどのラケットも反発力を確保するためにフレームそのものの重さは実はそんなに変わらなくて、いわゆる「トップヘビー」と呼ばれるラケットも、実は「グリップライト」なだけだからです。

 

なので、グリップに鉛を使って加重してあげると、見事通常の重量バランスのラケットに戻ります。

 

294gにグリップ内に6g加重して300gにしても、違和感ないですよ。

ヘッドの先端は遠心力が大きく働くので1gでも変化を感じると思いますが、手元なら、たぶん10gくらい変わらないと違和感感じないはず。

 

 

というわけで、↑のようなリードテープをリプレイスメントグリップ(元グリップ)の下にグリップの角角の面に沿って貼ってあげるか、↓のようにリプレイスメントグリップそのものをレザーに変えてあげるとグリップを重くできます。

 

 

レザーに巻き替えると、下記のように変化します。

 

 

 

▪︎グリップが若干細くなる

▪︎10〜20gほど重くなる

▪︎よりグリップの角が感じられるようになり、打感が向上する

▪︎レザーそのものが硬く、衝撃吸収性が悪いので、振動は増える

 

 

ちょっと、グリップそのものが硬くはなっちゃうのですが、角を感じられ、打感も向上するので、やめられなくなるはず。

 

というわけで今回は以上になります。

98Sでリプレイスメントグリップをレザーに巻き替えて305〜315gくらいにするというのは、現実的にありかと思います。

ブレード自体が、「テニスを楽しみつつ、かつ勝てる」ラケットなので、ぜひ使ってみてください。

 

 ブレード98(16/19)

 

 ブレード98S(18/16)

※何気に、チートラケットです。

 

 追記:2019年最新のV7.0でどう変化したか

ウィルソン-ブレード98(V7.0)2019のレビュー【新作評価】
僕自身、ウィルソンのブレードを使っていて、この度最新モデルの情報がついにウィルソン公式サイトで公開されたので、情報を元に、前作(2017モデル)との違いについて考察していきたいと思います。注目ポイントは、「クラッシュの技術を取り込んだこと」にあるかと思います。

 

新作(2019版)気になってる方は、合わせてどうぞ。